【七つの大罪】190話をネタバレ!最強の魔術師マーリン復活!

七つの大罪ネタバレ190話

完全復活を果たしたメリオダスが、早速十戒の2人に反撃のフルカウンターを叩き込んでくれました。しかし、リオネスには依然十戒の魔の手が及ぶ。そこに七つの大罪のマーリンが現れ・・。

スポンサーリンク

七つの大罪190話の見どころをネタバレ

 

メリオダスVSデリエリ&モンスピートの行方は?

メリオダスが跳ね返したモンスピートの「灰燼龍」がデリエリ&モンスピートに直撃。

七つの大罪ネタバレ190話

出典:http://jump-netabare.seesaa.net/

 

190話では、2人がどうなったかまでは描かれませんでしたが、デリエリとモンスピートはここで退場となるのでしょうか?

 

リオネス城に及ぶ脅威

爆発の衝撃の余波がリオネス城まで届いたようで、フラウドリンがそれを察知する。

フラウドリン

「何が起こっている?

モンスピートの放った魔力が一気に膨れ上がりモンスピートとデリエリの気配を消し去った

これはまるで全反射・・・だが奴は死んだはず」

 

フラウドリンに蒼天の六連星の一同が叫ぶ。

アーデン

「てめぇっ!!降りてきやがれ!!」

 

ワイーヨ

「魔神族「十戒」、絶対に許すまじ!!」

 

デルドレー

「デンゼル様をよくも・・・」

 

デスピアス

「我ら「蒼天の六連星」この命にかえて貴様らを滅ぼす!!」

 

フラウドリン

「フン・・・雑魚どもがまだ生きていたか

部をわきまえろ

私と戦うには力量不足もいいところだ」

 

そのとき、ヘンドリクセンが姿を現す。

ヘンドリクセン

「ならば私も加勢させてもらおう

その身体は我が友のもの・・・今日こそ返してもらうぞ」

七つの大罪ネタバレ190話

出典:http://jump-netabare.seesaa.net/

 

ただ、ヘンドリクセンの過去の悪事があったため、蒼天の六連星はヘンドリクセンに協力的ではない様子。

ドゲッド

「てめぇは・・・!!」

 

フラウドリン

「ヘンドリクセン・・・バカめ・・・せっかく生かしておいてやったものを」

 

ドゲッド

「誰がてめぇの手なんざ借りるか!!」

 

アーデン

「ドゲッド!今はそんなこと言っている場合じゃない」

 

ドゲッド

「てめぇはあくまで俺のダチの仇だ!!」

 

ヘンドリクセン

「この戦いが済んだら私の事は好きにしてくれて構わない」

 

ドゲッド

「・・・っ」

 

ギルサンダーたちは、「足を引っ張らないように」と、王の護衛に徹しようとする。

ギルサンダー

「ハウザー、スレイダー俺達は陛下達の護衛に徹しよう!!」

 

ハウザー

「だな・・・戦えねぇ俺達じゃ足を引っ張るだけだ」

 

ギルサンダー

「マーガレット・・・キミはこのオレが命に代えて守る!!」

 

マーガレット

「ギル」

 

そう言うギルサンダーを見るギルフロストが描かれる。

七つの大罪ネタバレ190話

出典:http://jump-netabare.seesaa.net/

 

ギーラは、ベロニカのことを守ろうとしている。

ギーラ

「さあ、ベロニカ様!!私達が引き付けている間に!!」

 

ベロニカ

「ギーラ!ジールは・・・あんたの弟は必ず守る

だからあんたも必ず生き残るんだよ!」

 

ギーラ

「ベロニカ様・・・」

 

しかし、フラウドリンのほうを見たベロニカが思わず固まってしまう。

ベロニカ

「な・・・あれ・・・は・・・」

 

フラウドリンのもとにはグレイロードがいた。グレイロードは、卵のような球体で街の人々をすべて捕らえている。

グレイロード

「城内の人間は全て捕獲完了

宿主の状態は良好・・・」

七つの大罪ネタバレ190話

出典:http://jump-netabare.seesaa.net/

 

グレイロードの卵の中には、ジェリコやジールの姿もあった。

バン

「何をするつもりだ?」

 

フラウドリンは、魔神の卵をジェリコたちの体に植え付けていく。

フラウドリン

「この球体から孵化した時、完全に魔神化する!!」

 

しかも、卵はゴマ粒ほどの大きさしかなく、以前バンがやったときのように、魔力で盗むこともできず。宿主を無視して殺すのもグレイロードの「不殺」の戒禁のせいでできないという絶望的な状況に追い込まれてしまう。

 

最強の魔術師が登場!?

そのとき、ギルフロストが正体を現す。ギルフロストの正体は、なんとビビアンだった。ビビアンがギルサンダーを連れて、その場からテレポートで逃げ出す。

ビビアン

「悪く思わないで」

 

ギルサンダー

「ビビアン!やめ・・・」

七つの大罪ネタバレ190話

出典:http://jump-netabare.seesaa.net/

 

ビビアンがギルサンダーを連れて逃げたことで、状況はさらに悪化。

マーガレット

「ギル!!ギルー!!」

 

フラウドリン

「これは驚いた

謎の魔術師の正体は国を追放された元王国魔術師だとは

ハッハッ、賢い判断だな」

 

ハウザー

「あいつ・・・ずっとギルをストーキングしてたのか!?」

 

ギーラ

「ただでさえ戦力が足りてないのに・・・」

 

フラウドリン

「そうしている間にもどんどん卵が孵化していくぞ〜?」

 

フラウドリンの言う通り、徐々に卵が地面に落ち始める。「氷が割れなければ孵化はできない」と、考えたグスタフが卵を次々と氷漬けにさせていく。しかし、途中で魔力が尽きて、すべての氷を凍らせることができない。

そこに何者かが現れ、残る卵を氷結させていく。現れたのは、石化していたはずのマーリン。

マーリン

「さあ「十戒」、ここからはそなたらが私の実験台(モルモット)だ・・・!!」

七つの大罪ネタバレ190話

出典:http://jump-netabare.seesaa.net/

 

王国最強の魔術師がここに復活。

スポンサーリンク

七つの大罪190話の考察

 

ビビアンがギルサンダーを連れ出した真意とは?

今回でギルフロストの正体がビビアンだと判明し、そのままビビアンがギルサンダーを連れてどこかに消えてしまいました。ビビアンがギルサンダーをどこかに連れて行った真意はいったいなんなのでしょうか?

ビビアンは、「ギルサンダーのことが好き」という設定がありましたが、まさか「ギルサンダーと2人になりたいから」という理由だけで連れ出したわけではないと思いますが。

七つの大罪ネタバレ190話

出典:7tuno-taizai-ken.seesaa.net

 

もしそれだけの理由でギルサンダーを連れ出したのであれば、斬首レベルですが、ビビアンはマーリンの弟子なので、もしかしたらマーリンに頼まれてのことなのかもしれません。ビビアンの真意が気になるところです。

 

マーリンいつの間に石化が解けてたの?w

マーリンは、ガランとの戦いの際に、戒禁を破り、石化してしまいました。

七つの大罪ネタバレ190話

出典:thefunnel.jp

 

その後は自身の神器である明星アルダンに魂だけ移った状態でしたが、どうやら完全に復活を果たしたようですね。エスカノールによってガランが倒されたことでマーリンの石化が解けたということなのでしょうか?

「最強の罪がまた一人」という煽りとともに登場したということで、いよいよマーリンの本気が見れるということでしょう。マーリンファン必見の展開です。

 

スポンサーリンク

関連記事

七つの大罪ネタバレ190話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


8 − = 四

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>