【ワンピース】アプーのカイドウへの裏切りは確定か?真相を解明!

ワンピースアプー裏切りカイドウ

ワンピースに登場する「最悪の世代」と呼ばれるルーキーの一人であるスクラッチメン・アプー。アプーは、同じくルーキーのキッド、ホーキンスと組んで四皇のシャンクスを討ち取る計画を立てていました。しかし、アプーはキッドたちを裏切っているという噂があります。はたしてアプーは本当に同盟を裏切っているのでしょうか?

スポンサーリンク

キッド・ホーキンス・アプーの同盟

アプーは、同じくルーキーのキッド・ホーキンスと組み四皇の一角シャンクスを落とすことを計画していました。

ワンピースアプー裏切りカイドウ

出典:onepiece-naruto.com

 

しかし、その途中で四皇のカイドウに突如遭遇。思わぬ形でカイドウとのガチバトルに突入する展開となってしまいました。

ワンピースアプー裏切りカイドウ

出典:onepiece-log.com

 

勝負の行方はというと・・・

まさかのキッドのボロ負け!!

ワンピースアプー裏切りカイドウ

出典:onesoku.com

 

仮にもキッドの懸賞金は、最悪の世代の中でもトップクラスで、ルフィの5億に次ぐ、4億9千万ベリーです。そのキッドがボコボコにされてしまうのですから、四皇の恐ろしさが垣間見えたシーンとなりました。

 

しかしです。実はこのシーンが描かれる前に同盟者の中に怪しい動きを見せる人物がいたのです。

 

アプーの裏切りが判明

怪しい動きを見せたのは、スクラッチメン・アプー。アプーは、ボロボロになるキッドが描かれる前に、デンデン虫でカイドウと連絡をとっていたことが判明しています。

ワンピースアプー裏切りカイドウ

出典:onepiece-log.com

 

はっきりとアプーが描かれたわけではありませんが、この喋り方は間違いなくアプーww

 

アプーの正体とはいったい・・。

スポンサーリンク

アプーのの裏切りを考察

ここで気になるのがアプーがどのタイミングからカイドウと繋がっていたのかということです。

一度時系列を整理しておきましょう。

 

キッド・ホーキンス・アプーの同盟が判明・・・677話

ワンピースアプー裏切りカイドウ

出典:http://www.maniado.jp/

 

キッド・ホーキンス・アプーらがカイドウに遭遇・・・795話

ワンピースアプー裏切りカイドウ

出典:one-piece-manga.com

 

アプーがカイドウにデンデン虫で連絡を取る・・・821話

ワンピースアプー裏切りカイドウ

出典:onepiece-log.com

 

ボロボロのキッドが描かれたシーン・・・824話

ワンピースアプー裏切りカイドウ

出典:onesoku.com

 

ということでアプーがカイドウに連絡を取っていたのは、カイドウに出会った後です。ということでアプーの裏切りは2つのパターンが考えられます。

  • カイドウと戦い、「勝てない」と踏んで寝返った
  • そもそも同盟を結ぶ前からカイドウの傘下だった

 

まず1パターンが、カイドウと実際に戦う中で「これは勝てない」と踏んで、アプーがカイドウ側につくという展開です。アプーの性格的にもプライドがあるわけではなさそうなので、勝てない相手の傘下につこうとするのもまあありそうです。

 

もう1パターンが、そもそも同盟を結ぶ前からカイドウの傘下だったという展開です。こっちだったらまじで恐ろしいですね〜。同じくルーキーのドレークは、カイドウの傘下になっていることが判明しています。

 

ドレークづたいで、アプーもすでに傘下になっている可能性は十分考えられます。

キッド・ホーキンス・アプーがいるところに偶然四皇のカイドウが空から飛び降りて来るというのも普通に考えたらありえないことなので、もしかしたらアプーがカイドウにキッドらのいる場所を伝えていたからなのかもしれませんね。

 

もう1点気になるのが、ホーキンスの行方です。カイドウとの遭遇後、キッドとアプーは登場しましたが、ホーキンスだけはまだ一度も登場していません。ホーキンスはいったいどうなっているのでしょうか?そこも気になるところです。

 

スポンサーリンク

関連記事

ワンピースアプー裏切りカイドウ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


× 5 = 五

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>