【ワンピース】光の速さで圧倒的な強さを誇る黄猿(ボルサリーノ)の強さや悪魔の実の能力まとめ!

ワンピースの海軍大将の一人、黄猿(ボルサリーノ)についてまとめてみました。最強説さえあるロギア系ピカピカの実の能力や、その強さなど色々とまとめてみたので、詳細を知りたい方は、ぜひご覧ください。

黄猿(ボルサリーノ)とは

 

ロギア系ピカピカの実の能力者

黄猿(ボルサリーノ)は自然系(ロギア)ピカピカの実の能力者で、光速移動やレーザー攻撃を得意とする。自分の体を自在に光と化す事ができる「光人間」で光速移動はもちろん、その速度で繰り出される打撃(主に蹴り)と、長射程のレーザー攻撃を得意とする。レーザーは指や足裏から発射され、指からのものは矢のように相手の体を貫き、足から放ったものは着弾点で大爆発を起こし、凄まじい光熱であらゆるものを一瞬のうちにスミにしてしまう。また、光を剣や弾丸として実体化させ、それを武器として扱うことがができる。光の速度で飛び交う攻撃の回避は練度の高い見聞色の覇気使いでないと困難な上に、その多くが一撃必殺の威力を誇る。体を強烈に発光させて目を潰す、光の反射を利用して死角から強襲するなど、まさに何でもあり。さらに自然系(ロギア)のため、武装色の覇気による攻撃以外、物理的なダメージは一切通らないどころか、光であるため貫通し、攻撃を当てることもできない。例え全身がバラバラになってしまっても、パーツを光の粒子と変えて一点に集約し、肉体を再構成して復活できる。

さすが、ファンの間で最強説があるほどの悪魔の実である。並みの相手なら黄猿(ボルサリーノ)に目を付けられた時点で白旗だろう。

 

海軍大将の一人

黄猿(ボルサリーノ)は「海軍本部」「王下七武海」「四皇」と世界の均衡を司るという三大勢力の一つ、「海軍本部」の大将。海軍本部とは、世界政府直属の海上治安維持組織のことで、以前は同僚の青キジ(クザン)赤犬(サカズキ)と共に三大将と呼ばれていた。現在は青キジは海軍を抜けていて、赤犬は大将より階級が上の「元帥」まで登りつめている。ちなみに元海軍本部大将のゼファーは新兵時代の教官。

 

シャボンディ諸島で最悪の世代を圧倒

初登場となったシャボンディ諸島編では、当時「最悪の世代」または「超新星」と呼ばれていた海賊団船長達をまとめて相手にして圧倒した。その後、部下の戦桃丸やパシフィスタと連携して麦わらの一味を壊滅寸前まで追い込むなど圧倒的強さを披露した。また、一味離散後には腹いせ代わりに諸島内にいた500人の海賊達を検挙し、海軍の名を世に知らしめた。

また、マリンフォード頂上戦争では白ひげ海賊団相手に奮闘し、白ひげ一番隊隊長マルコと衝突。お互いの能力でマルコと互角に渡り合うが、オニグモとの連携でマルコの能力を封じて重傷を負わせた。ローに連れられて逃げるルフィを仕留めようとするが、ベン・ベックマンらに阻まれ失敗する。三大将の中で唯一無傷で終戦を迎えた。

 

モデルは俳優の田中邦衛

黄猿のモデルとなった人物は、俳優の田中邦衛さんと言われています。髪型や表情。また、「コワイねェ~~~~~”白ひげ海賊団”」や「困ったねェ~~~軽い気持ちでこの島に来たのにねェ・・・」など口調などもモチーフになっています。ワンピースでは個性の強い俳優さんがモチーフにされることが多いですね。

黄猿をはじめ、海軍大将は基本的に日本の大物俳優がモデルとなっています。他の大将のモデルについては「【ワンピース】これが元ネタ!海軍大将のモデルとなった俳優を紹介!」にまとめています。

まとめ

いかがでしたか?黄猿(ボルサリーノ)についてまとめてみました。最強説があるほどのずば抜けた戦闘力と個性的なキャラで多くのファンがいる黄猿。かなり魅力的なキャラなので、今後も何らかの展開はあるはずです。個人的には強いキャラとの直接タイマンバトルなども見てみたいですね。今後の黄猿の動向に要注目です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。