【フェアリーテイル】嫌いなうざいキャラランキングワースト10

フェアリーテイルでは個性豊かなキャラがたくさんいますが、その中で嫌いなキャラっていますか?うざくて嫌いだったり、気持ち悪くて嫌いだったり、嫌いになる理由はそれぞれあると思います。今回、そんな嫌いなキャラたちをピックアップしてまとめてランキングを作ってみましたので、ぜひご覧ください。

フェアリーテイルの嫌いなキャラランキングワースト10

 

10位 ゴッドセレナ

嫌われポイント大げさな決めポーズを取ってはその度にスルーされたり「ゴッドバイバイ」という独自の挨拶を使うことがある。マカロフ曰く「残念な感じの男」

スプリガン12」の一人。聖十大魔道・イシュガルの四天王の一人(序列1位)。「八竜のゴッドセレナ」の異名を持つ。事実上、イシュガルの大陸最強といわれる魔導士だが、マカロフいわく「残念な感じの男」で、大げさな決めポーズを取ってはその度にスルーされている。「ゴッドバイバイ」という独自の挨拶を使うことがある。

 

9位 ディマリア・イエスタ

https://twitter.com/cu1_kw/status/708499455641661440

嫌われポイント思ったことをすぐ口に出す。同じスプリガン12のブランディッシュとは犬猿の仲。

「スプリガン12」の一人。古の時の都・ミルディアンの末裔で別名「戦乙女」。ブランディッシュ・μとは「ランディー」「マリー」と呼び合うが、互いに「思ったことをすぐ口に出す」「かわいくない」という理由から嫌いあっている仲で、ブランディッシュと同じ前髪を持つカグラの服だけを切り裂いてはずかしめるなど冷酷な一面も。

 

8位 キョウカ

嫌われポイント極めて残虐かつ冷酷な性格。あらゆる拷問や暴行を加え楽しむサディスト。

ゼレフ書の悪魔エーテリアスの一人。「冥府の門」の幹部「九鬼門」の司令塔的な存在。性格は極めて残虐かつ冷酷で、人間を下等生物と見下し、あらゆる拷問や暴行を加え楽しむサディスト。その性格から作中、エルザを全裸で緊縛し、さらに痛覚を制御しながら拷問したほど。また、同性愛者であり、セイラとは相思相愛の恋人同士。

 

7位 マスターゼロ

嫌われポイント粗暴にして残虐で倒れた相手にも執拗に暴行を加えるなど、知恵よりも感情を優先する。理由もなく全てを破壊しようとする異様な破壊衝動をもっている。

「六魔将軍」のギルドマスター。筋骨隆々の大柄な男性で、流れるような銀髪を持つ。表と裏の人格を持つ二重人格で裏の人格が出た状態。表の人格が恐怖するほどその性格は粗暴にして残虐であり、倒れた相手にも執拗に暴行を加えるなど、知恵よりも感情を優先する。表人格であるブレインのこともないがしろにしており、せっかく六魔総出で作り上げた計画も「ガタガタ抜かすなクズが!オレはこの世の全てを破壊し尽くさねえと気が済まねえんだよ!理由なんざいるか!」と吐き捨て、ニルヴァーナをぶっ放そうと目論んだ。

 

6位 ジョゼ・ポーラ


画像左

嫌われポイント基本的には紳士的に振舞っているが、焦りや怒りがあらわになると周囲に対する態度が豹変する。目的のためなら拉致や闇討ちも平気でおこなう。

幽鬼の支配者(ファントムロード)のギルドマスターで、聖十大魔道の一人。マカロフと互角の魔力を持っていると言われている。基本的には紳士的に振舞っているが、焦りや怒りが露わになると周囲に対する態度が豹変する。ルーシィの父ジュード・ハートフィリアからルーシィを連れ戻して欲しいと依頼を受け、依頼ついでに元より仲の悪かった妖精の尻尾の壊滅を目論む。手始めにガジルに命じて夜中に妖精の尻尾本部を襲撃させて「鉄竜棍」でハチの巣にさせ、シャドウ・ギアの3人を拉致して暴行を加えさせた。当然マカロフは激昂してファントムに乗り込むも、それを見透かしていたジョゼはエレメント4に命じ、マカロフを闇討ちにして撤退させ、その隙にルーシィを拉致した。

 

5位 ラーケイド・ドラグニル

嫌われポイント自分は特別と自負している相当な自信家で、自己中心的な一面も。

スプリガン12の一人。ゼレフと似た風貌の金髪の青年で、常に合掌しながら微笑を浮かべている。スプリガン12最強とされるオーガストやアイリーンと共にスプリガン12の中でも特別だと自称しており、相当な自信家。スプリガン12の招集があってもいつも応じないため、スプリガン12は滅多に揃わないと言われる要因の一つ。また本人は「ゼレフの息子」と名乗っているが、実際の正体はゼレフ書の悪魔エーテリアス。ラーケイド自身は知らない。

 

4位 ジャッカル

画像左

嫌われポイント残虐で粗暴なサディスト。人間を完全に下等生物と見下している。エセ関西弁を使うのも特徴。

冥府の門の幹部「九鬼門」が一角。ジャッカルの名の通り、その名に恥じぬ残虐で粗暴なサディスト。人間を完全に下等生物と見下しており、ルーシィ相手に護衛対象とその辺にいた妊婦を図りにかけ「制限時間以内にどちらかを見捨てなければ両方爆死させる」と爆笑しながら問いかけるほど残忍な性格をしている。評議院そのものを爆破して現評議員を殺傷するのを皮切りに、フェイス発動の鍵となる元評議員たちを片っ端から殺して回り、邪魔になった町や道路も勿論住民もすべて爆破した。殴り込んできた妖精の尻尾を迎え撃ち、ルーシィを追い詰め、倒し方に難癖をつけてきたラミーを用済みとばかりに爆殺。そのままルーシィを爆弾に変えようとしたが、ウラノ・メトリアの前に敗れ去った。

 

3位 ハデス

嫌われポイント部下が倒されても驚くこともなく至って冷静沈着。かつての妖精の尻尾2代目マスターでありながら自らの手で潰そうとする。

悪魔の心臓(グリモアハート)のマスター。その正体はかつての妖精の尻尾2代目マスターであり、過去の創設メンバーの一人でもある、プレヒト・ゲイボルグ。 ゼレフを手に入れるために天狼島に侵入を指示した張本人である。 悪魔の心臓の戦艦の中にある心臓と魔力を共有していて、ナツたちを追い込めたが、戦艦に潜入したハッピーとシャルルに心臓を壊され、不死ではなくなり、ナツの倒された。敗北後、戦艦に戻ったハデスは、ゼレフによって殺された。

 

2位 イワン・ドレアー

嫌われポイント強欲で凶暴な性格。息子・ラクサスに埋め込んだ魔水晶が高値で売れることを知って、ラクサスを狙う。

大鴉の尻尾(レイヴンテイル)のマスター。マカロフの息子でラクサスの父。かつては「妖精の尻尾」に所属していたが、父・マカロフに強欲で凶暴な性格を警戒され破門。その後大鴉の尻尾(レイヴンテイル)を立ち上げ、そのマスターとして活動しながらルーメン・イストワールを手に入れるために「妖精の尻尾」の周りを探していた。大魔闘演武では「マスターは試合に参加できない」というルールを破ったり、優勝より「妖精の尻尾」を追い詰めるために活動し、そのためには卑劣な手段もいとわなかったなど。目的のためなら手段を選ばない一面も。

 

1位 ジエンマ

画像右

嫌われポイント仲間意識は皆無で捨て駒程度にしか思っていない。自分に従わない者や敗北によりギルドの名を汚した者は容赦なく切り捨てる冷酷な性格で、究極に徹底した弱肉強食主義者。

剣咬の虎(セイバートゥース)の元マスターでミネルバ・オーランドの父。仲間意識は皆無で捨て駒程度にしか思っておらず、強さのみを至上主義としており、実の娘であるミネルバは幼い頃から全裸でジャングルに放り出す教育をしたり、最強と称する自らの血筋を後世に残す道具という認識しかしていないなど自分に従わない者や敗北によりギルドの名を汚した者は容赦なく切り捨てる冷酷な性格。また部外者にも配慮や容赦がなく、大会中でありながら、喧嘩同然の行為で沈めようとするなど、事を穏便に済ませることに関しては全くの無頓着。大魔闘演武で人魚の踵(マーメイドヒール)のカグラに敗北したユキノ・アグリアをギルドの名を汚したとし、他のギルドメンバーの前で全裸土下座させた挙句紋章を消させた。スティングとローグがナツに敗北した後、ギルドの評判を落としたと激昂、説得を試みたレクターを消した(実際は間一髪でミネルバが救い出した)ことが原因でスティングの逆襲にあってぶっ飛ばされ、ミネルバからも「弱き者は去れとおっしゃったのは父上です」と見捨てられてしまう。

まとめ

いかがでしたか?ランキング上位はやはり、作中でも残虐で冷酷さが目立つキャラがランクインしました。あなたが思う嫌いなキャラはランクインしてたでしょうか?もし他にも嫌いなキャラがいたら、ぜひコメント欄ので教えてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。