【ガールメイキル】2巻の内容をネタバレ!感想も掲載!

殺し屋として生きてきた少女・芽衣が五本木と触れあうことで穏やかな日常を知り、徐々に心境に変化が出てきます。芽衣がマフィアでいる理由である弟とは再会できるのでしょうか。

スポンサーリンク

ガールメイキルの概要

平凡な青年・五本木が偶然、同居することになった15歳の美少女・芽衣は、マフィアに属する冷酷な殺し屋だった。五本木は芽衣を恐れつつも、彼女を守りたいと願うようになる。そして芽衣もまた、家庭的な雰囲気の五本木になついていく。しかし、運命は彼らを無慈悲にもてあそぶ・・・。

 

 

ガールメイキルの登場人物

 

五本木 アキ(ごほんぎ あき)

ガールメイキル1巻感想ネタバレ無料試し読み

故郷である中華街に戻ってきた平凡な青年。映画好きが高じてビデオ屋に勤務。料理上手。芽衣が心配。

 

芽衣

ガールメイキル1巻感想ネタバレ無料試し読み

15歳の少女。弟を探すためマフィアで殺し屋をしている。天真爛漫。五本木のことが気になる。

 

三里 桂(さんり かつら)

ガールメイキル1巻感想ネタバレ無料試し読み

芽衣と同じ「麗郷」のマフィア。オネエ。

 

馬目(まのめ)

ガールメイキル1巻感想ネタバレ無料試し読み

五本木の働くビデオ屋の店主。同時に「麗郷」の組員。結構凄腕っぽい。

 

ガールメイキル2巻のネタバレ

 

限界

1対1で対峙した芽衣と司ですが、力関係は歴然であっさりと司は追い込まれます。死の直前、妻の律の顔が浮かびます。銃声を聞きつけ殺害の瞬間を目撃してしまう五本木。芽衣達と対抗する組織に属していたものの、司と律に好印象を抱いていた五本木は、淡々と事後処理をする芽衣に自分とはやはり違うと感じ、街を出る決意をします。子供の芽衣が殺し屋をしていることを日々心配している五本木ですが、自分と関わった人間の死に激しく動揺します。

 

拘束された五本木

一方、律とお腹の子を使って司を脅していた龍の髭の幹部の神泉は次の手を考えます。せっかく街を出る決意をしていた五本木ですが、芽衣と一緒に居るところを目撃されていたためターゲットにされてしまいます。今回動くのは、御堂という男。見た目は体育会系のさわやか風ですが、真性ロリコンで芽衣を見て欲情します。とんだ変態野郎です。五本木は御堂の指示で拘束されてしまいます。芽衣をおびき出す為に気に入らない部下の指を切り落とし、芽衣達が住む馬目のアジトに指と居場所を書いた手紙を送りつけます。罠と分かっていても芽衣・桂・馬目は五本木救出に向かいます。桂と馬目がザコを引きつけ芽衣が1人五本木の元へ急ぎます。しかし御堂に捕まってしまい犯されそうになります。芽衣ピンチ!御堂本当に気持ち悪い!

 

自己暗示

御堂にもてあそばれている間、芽衣は組の幹部であり組へ引き入れてくれた八雲先生の言葉を思い出します。「芽衣おまえは強い。普通の少女が泣くようなときでも決して泣かない。」「だがお前は自分に呪いをかけているだけだ。呪いはいつか解ける。それがお前の命取りになる」冷徹に人殺しをしてきた芽衣は、生きていくために自己暗示をかけているだけなのです。五本木と出会ったことで少しずつ何かが変わってきている芽衣。司を殺害する時は五本木に見られないように先に行かせ、司だけおびき出していました。芽衣の自己暗示が弱まってきているのかもしれません。

一瞬の隙を突き、ギリギリのところで落ちていた空き瓶で目をつぶし御堂を返り討ちにします。やっと駆けつけた五本木は思わず抱きしめます。芽衣は前にもこういう事があったと語ります。西澳島から出てきた芽衣は娼婦をやっていて、そこで襲われ初めて人殺しをしたのでした。だから来てくれただけで嬉しいと。芽衣の過去と心の変化を知り、味方でいることと出て行かないことを五本木は約束します。その言葉を聞き、本当に嬉しそうな芽衣。

その後負傷した傷の治療するため、皆で麗郷の闇医者へ行きます。そこの女医・香月は五本木の昔の知り合いでした。以前、司を連れて行った闇医者が連絡していたのは香月だったのです。香月は子供だった五本木を映画館に連れて行ったりと良く面倒を見てくれていました。当時マフィアだった恋人を亡くしたばかりで荒んでいましたが、五本木と接することで「光」を見ることができたのです。香月にとって五本木は光であり、そして芽衣にとっても。芽衣は五本木に恋をしてしまったのでした。

 

2年前

時は変わって2年前、まだ西澳島にいた芽衣。貧困のため学校をやめ病弱な弟と母のためにマフィアの麻薬畑で働きます。この時13歳ですね。幼いのに可哀想な境遇です。弟の羅衣はマフィアを憎み、復讐を誓い、芽衣に母親と3人でこの島から連れ出してやると約束をします。芽衣はこのことを強く覚えており、今まで生きてきたのでしょう。

そして現代に戻り、麗郷の薬の売人のチャンが龍の髭の殺し屋のよって惨殺されます。しかも犯人は子供とのこと。嫌な予感がする芽衣。もしかして羅衣・・・!?3巻に続きます!

スポンサーリンク

ガールメイキル2巻のレビュー

 

私は好き。コメディと上手く噛み合っていて絵が可愛いからシリアスシーンもそこまで恐怖を感じない、本当に怖いのは駄目だけどこういうのに興味ある様な人は楽しめるかな?多少のグロもあるけどそれも絵柄が上手にカバー。キャラクターも個性が強く魅力があると思います。桂大好きw五本木くんはとっても普通の男の人なのですがそんな彼の気持ちの変化や芽衣ちゃんの価値観の変化にも注目して、これからも楽しみたいな、と。この先は日常ののほほんコメディが少なくなりそうな展開だけどハッピーエンドを期待して続き待ってます。

 

一気に読み進めてしまうくらい総合的に面白かったです。結末のがっかり感がマイナス点でした…というよりは私が受け入れられなかった感じです。

 

軽いテンポで読みやすいです。実在の某有名店の名前が出てくる度に気になっちゃうんですけど(笑)台湾料理が食べたくなります。

 

ガールメイキル2巻の感想

芽衣が五本木に恋しましたね-。今まで心が読めない芽衣でしたが人間味が出てきて可愛いです。見ていて微笑ましいのですが、これこの先どうなっちゃうの・・・と心配になります。芽衣がマフィアをやめて普通の女の子として生きることを選び、五本木とハッピーエンド!なら良いのですが、最後で今までの芽衣の生きがいでもあった弟かもしれない子供が出てきます。もし羅衣なら対立組織なのでどうするんだろう。芽衣は寝返ってしまうのでしょうか。3巻に期待です!

 

「この作品読んでみたい!」と、思った方は電子書籍を利用するのが便利です。電子書籍ならわざわざ書店に足を運ぶ必要がなく、スマホで今すぐ読むことができるので、この機会にぜひご利用ください。

スポンサーリンク

ガールメイキル2巻内容ネタバレ感想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。