【七つの大罪】3代目妖精王!キング(ハーレクイン)の強さ・魔力・神器まとめ!

七つの大罪に登場するキャラ、キングの強さ・魔力・神器などについてまとめてみました。七つの大罪のメンバーで子供ような見た目と茶髪が特徴。そんなキングの各出来事のポイントなどもまとめているので、詳細情報を知りたい方はぜひご覧ください。

キング(ハーレクイン)とは

キングは妖精の王で本名はハーレイクイン。見た目は茶髪で小柄な体系をしていていつも枕のような物を持ってるのが特徴。なお作者である鈴木央先生いわく、キングは死ぬまでこのまま成長することはないらしい。

  • 出身地妖精界
  • 七つの大罪の団員
  • 年齢1300歳
  • 身長160㎝
  • 体重48㎏
  • 血液型O型
  • 誕生日4月1日

 

七つの大罪の団員

キングは主人公メリオダスが団長を務める七つの大罪のメンバーの一人。罪状は一人の妖精による人間の虐殺という凶行を見過ごした妖精王としての「怠惰」。真実は人間に捕われ、虐殺されていた同族を助けようと人間界に渡るが、重傷を負って記憶喪失となっていたために事実を知らなかった。その際、助けてくれた幼少時のディアンヌと長い年月を過ごす。だが全ての記憶を取り戻し、さらにヘルブラムが復讐にかられ人間を500年に渡り殺し続けていたことを知り、凶行を止めるために彼を亡き者とする。ディアンヌの記憶から自分の思い出の一切を消去し、「怠惰の罪」を受けて投獄された。

 

3代目妖精王

妖精族の王であり、本名はハーレクイン。大昔に治めていた森を多くの人間達が侵略しようと攻めても圧倒的な魔力に敵わず恐怖した。その強さからキングと呼ばれるようになった。

 

妖精王として覚醒し、真の力を発揮できるようになった

覚醒したキングは歴代最強の妖精王となり、羽が生え顔つきが大人っぽくなる。さらにキングは神器を開放し、真・霊槍シャスティフォルを使えようになり、今までとは桁違いの強さを手に入れることができた。歴代最強の妖精王は初代妖精王グロシキニアでその闘級が5万なのでそれを超える強さをキングは手に入れたことになる。

 

ディアンヌに恋をしている

約7700年前2人は出会いました。1人ぼっちだったディアンヌはある日、記憶を失い、怪我をしている男の子を助けます。それが妖精王であるキング(ハーレイクイン)です。お互い1人ぼっちだったこともあり、意気投合し直ぐに仲良くなりました。ある日ディアンヌはキングにお願いをします。「僕をずっと好きでいて」と。キングは喜んで約束します。ですが、後にディアンヌも記憶をキング自ら消します。そのことで何百年の間ディアンヌのとの約束を守り続けていた。今ではディアンヌも記憶が戻りお互い愛し合っている。

 

キングの強さまとめ

妖精王の所以たる強大な魔力を持つ。リオネス国王から賜った神器の扱いも自由自在で、団員の中では切り札的なポジション。ただ魔力を使わないと非力で、メリオダスいわくただの肉弾戦は猫にすら負けるほど弱い。

 

魔力は災厄(ディザスター)

かすり傷を重傷化させ、毒を猛毒に変え、小さな出来物を増大させる能力を持ち、植物を成長・繁殖させる一方、間引くこともできる。植物が含む水分や養分を抽出、凝縮・圧縮することで殺傷能力を持つ水弾を撃つこともできる。森を維持し統べる妖精王ならではの魔力であり、この魔力を用いて妖精界の神樹から作られた神器「霊槍シャスティフォル」を最大限に活用できる。キングは外伝で花を用いてディアンヌの記憶を消しているが、これが妖精族の固有スキル(浮遊・読心など)なのか魔力災厄によるものなのかは不明。

 

神器は霊槍シャスティフォル

妖精界に存在する神樹から造り出された神器の一つ。強度は鋼よりも上回り、神樹特有の不思議な力を持つとされる。引き出す力に応じて槍型を含む10通りの形態に変化する。また、普段携行しているクッションは、第二形態「守護獣」の簡易型であり、第十形態ではない。実は力をセーブしていた状態(グロキシニア曰く紛い物)で運用していた。解放状態で運用していれば、ほとんどの敵を殲滅可能だと思われる。

 

闘級は4万1600

キングの闘級は以下の通り。

  • 闘級:4190(魔力3370、武力0、気力820)
  • 神器解放時:11000

詳細はまだ不明だが、覚醒したことにより闘級も大幅に上がったとされている。元々強者揃いの七つの大罪のメンバーの中で切り札的なポジションにいるので、パワーアップしたキングの闘級は今のところ見当もつかない。

 

関係のあるキャラ

 

エレイン

妖精族の少女にしてキングの実妹。即ち妖精族の姫であり、「泉を守る聖女」とも呼ばれる。キングと同様に羽根は生えていないが、妖精族として宙を飛ぶことができる。また、キングが巨漢の男に姿を変えられるようにエレインも変身できるようだが、見栄を張らないので変身する必要はないらしい。兄とは違い、膨大な魔力はないものの妖精族の中では実力はある模様。

 

ディアンヌ

七つの大罪の一人。<豚の帽子亭>では呼び込み大看板娘を担当する。巨人族の女の子で一人称はボク。印は蛇で左太腿に彫られている。団の中でも一、二を争う怪力の少女だが、拗ねたり照れると髪で顔を隠す仕草をしたり、虫が苦手など年相応の乙女っぽい一面も見せる。キングの恋人でもある。

まとめ

七つの大罪のキングについてまとめてみました。七つの大罪のメンバーで妖精王でもあるキング。覚醒しさらに強さを増したキングの情報が何かありましたらコメント欄の方でぜひお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。