【約束のネバーランド】69話のネタバレでルーカスという新たな重要キャラが登場!!

約束のネバーランド69話のネタバレの要点をまとめています。

69話のネタバレではルーカスという新たな重要キャラが登場してきます。

スポンサーリンク

約束のネバーランド69話のネタバレの要点まとめ

約束のネバーランド69話のネタバレの要点をまとめています。

 

会わせたい人

ジェイクとモニカを救うことができなかったエマは自分の無力さを呪っている。

レウウィスの言葉を思い出し、「やつらにとっては人間の抵抗までも遊びでそんなことのためにジェイクとモニカが殺されたことがゆるせない」と一人悔しがっている。

「ゆるせない」と。

 

ばんそうこうを貼った少年がエマの元に現れ、「今度はあんたがオレに付き合ってもらうよ」とエマを連れて行く。

エマが連れて来られたのは風車がついた建物。

エマと一緒に中に入って行く。

 

中はアジトとなっておりばんそうこうの少年の仲間がいた。

  • 救護担当:サンディ・ザック
  • 機械類担当:ナイジェル
  • 食料担当:ペペ・ジリアン・ポーラ
  • 副リーダー:ソーニャ
  • リーダー:オリバー
  • ???:ヴァイオレット

(ばんそうこうの少年は「ヴァイオレット」という名前で女の子だということが判明)

この9人はエマと同じく「真実」を知っており、この狩猟場を何ヶ月以上も生き残っている9人とのこと。

 

ここにいるメンバーはエマのような脱走者ではなく、生きたままここに出荷された者がほとんどとのこと。

バイヨン卿ご用達のグランド=ヴァーレ農園出身者の人がほとんど。

グランド=ヴァーレ農園はエマが見たシェルターの資料に書いてあった4つある高級農園の一つ。

ここにいるメンバーでグランド=ヴァーレ農園出身の人間はエマを含めて3人だけらしく、ましてや脱走者の人間は他にいない。

 

ここは鬼たちの人狩りの庭。

何日かおきに朝気まぐれに人間たちを狩りに来る。

ナイジェルは大量の武器が詰まった箱を持ち出す。

怪物たちはどうせ殺せないのをいいことにわざと武器を支給してくるらしい。

 

「今まで密猟者に何人も何人も殺されてきたが耐えて甘んじて生き延びてきた」と言うリーダーのオリバー。

そして、「それは俺達の手でこの猟場を終わらせるためだ」と加える。

 

秘密の猟場だからこそ相手もその数も限られているし外界の怪物たちもここの存在を知らないらしく、増援を呼ぶことがないのでアジトのメンバーはチャンスと考えているらしい。

もう逃げ回るのはうんざりで「俺達は近く決行する」と語るオリバー。

そして、エマにも「力を貸してくれ」と提案する。

スポンサーリンク

ルーカス現る・・

オリバーの頼みに協力する姿勢を見せるエマだが、「なぜみんなそんな色々知っているの?」と尋ねる。

脱走者でもないみんなが農園のこと、鬼のこと、外界のことを知っている理由がエマは気になっていた。

 

リーダーのオリバーは「彼から聞いたんだ」と答える。

オリバーの言う「彼」はここにいる唯一の大人。

ヴァイオレットが「会わせたい人がいる」と言ったのもその人物だった模様。

 

そして、その「彼」が姿を現す。

名前は「ルーカス」。

 

「ルーカス」と聞いて驚いた表情を見せるエマ。

ルーカスはオジサンがいた秘密の家の中で見た名前だったからだ。

 

「ペンを持っているね?W・ミネルヴァについて話をしよう」とエマに持ちかけるルーカス。

さあ、急展開となりましたがルーカスはどんな話をしてくるのでしょうか!?

気になるところです。

 

約束のネバーランド69話のネタバレのまとめ

ルーカスという新たな重要キャラらしき人物が登場してきました。

ルーカスがエマにどんな話をするのか次回のネタバレが楽しみで仕方ないですね!

次回の展開に注目です。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。