【ハイキュー】281話のネタバレで日向のスーパーレシーブが光る

ハイキュー281話のネタバレの要点をまとめています。

ハイキュー281話のネタバレでは、日向の神レシーブが光ります。

レシーブ練習を積み重ねてきた成果がここで発揮された感じですね!

スポンサーリンク

ハイキュー281話のネタバレの要点まとめ

ハイキュー281話のネタバレの要点をこちらにまとめておきます。

 

稲荷崎の猛攻

宮兄弟のマイナステンポの速攻は烏野の精神にもダメージを与える。

烏野はなんとか流れをもってこようとするものの、それも宮侑は読んでいる模様。

宮侑

(嫌なきもちやろな?)

(逆転されたうえ想定外の攻撃されて焦るやろな?)

(早くこの空気切りたいやろな??)

(こういう時豪快な1本決めれたらスカッとするし味方の志気も上がるやろなあ?)

(お前らが意地でも決めたいスパイク)

(俺らは意地でも止めんねん)

ハイキュー281話のネタバレより引用

 

しかし、宮侑はタッチネットだったようでポイントは烏野のほうへ。

これで14-13で稲荷崎リード。

 

烏野が精神的にダメージを負っているのは確か。

澤村も気にならなくなっていた稲荷崎の応援がやたら大きく感じてしまっている。

 

次のポイントで日向が入ってくる。

影山サーブで前衛は日向を含む攻撃3枚で烏野にとってはチャンスとなるローテ。

ただ、稲荷崎も死ぬ気でブレイクさせようとしない。

 

レシーブからの宮侑がツーアタックの構えをとる。

 

日向と東峰が全力でツーをブロック。

 

ブロックには成功するも、笛がなり、ポイントは稲荷崎に。

烏野がオーバーネットを取られる。

宮侑は、ツーアタックをすると見せかけ、実際はトスを上げるというフェイントをつかっていました。

ツーアタックをブロックする場合は、ネットを越えてブロックしてもOKだが、トスの場合はオーバーネットを取られるので、そこをうまく利用したフェイントだそう。

宮侑

(”ネット際”が上手いんはデカい奴でもMBでもなくネット際がなわばりのセッターやろ?)

ハイキュー281話のネタバレより引用

 

完全に稲荷崎ペースとなっており、次のサーバーはビックサーバーの宮侑。

烏野はどうなるのか??

スポンサーリンク

日向の神レシーブが光る

次はビックサーバーの宮侑のサーブから始まります。

澤村がレシーブするも、あまりの威力に弾かれてしまう。

が、それが運良く稲荷崎コートの角に返り、なんとか烏野のポイントに。

 

次は日向のサーブなので、これで日向が後衛に下がることとなります。

日向のサーブを当たり前のようにセッターの宮侑に返し、宮侑はレフトの銀島を選択。

しかし、月島が読んでおり、華麗にブロック。

 

跳ね返ったボールを宮侑がそのまま宮治にセット。

 

しかし、その動きにも月島はついていく。

が、宮治はアタックと見せかけ、再びセット。

 

そして、後ろからエースのアランがアタック。

 

ノーブロックで余裕で決まったかと思いきや・・・

 

日向のスーパーレシーブが決まる。

 

いやぁ〜〜、日向がレシーブ練習をしてきた成果がここで出た感じですね。

これが烏野の反撃の一手となりそうな予感です。

 

ハイキュー281話のネタバレのまとめ

完全稲荷崎のペースでしたが、日向のレシーブでそれにストップがかかりました。

VS稲荷崎もいよいよ佳境ですが、このあといったいどんな展開となっていくのでしょうか??

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。