【東京喰種:re】151話のネタバレで地下の王の正体が明らかに!カネキ救出の手がかりも!

東京喰種:re151話のネタバレの要点をまとめておきます。

いよいよカネキを救出するための大きな手がかりをつかむことに成功します。

スポンサーリンク

東京喰種:re151話のネタバレの要点まとめ

東京喰種:re151話のネタバレの要点をこちらにまとめています。

 

カネキがいるのは「眼球」付近??

地下にいた子供たちからナーガラジャの情報を聞き出します。

地下の子供(トーカが通訳)

「彼らは暴れまわる王を制止するため一斉に攻撃を加えました」

「効いてる様子は見られませんでしたが「眼球」を狙ったとき王の攻撃が鈍りました」

「眼球を破壊し終わっていくらかの時がすぎようやく王は動きを止め石になったそうです」

東京喰種:re151話のネタバレより引用

 

貴未は「眼球」という情報からこのように考察。

貴未

「赫子の形成においてRc細胞が密集すると「眼球模様」があらわれる事があります」

「そしてRc細胞がもっとも密集するのは「赫包付近」・・・」

アヤト

「眼球の近くに「赫包」をもった「本体」がいる可能性も高い・・・ってことか?」

貴未

「その通りです」

東京喰種:re151話のネタバレより引用

 

ただ、決定的な手がかりをつかむことはまだできていません。

貴未

「彼の身体を「異物」として判別出来れば・・・」

東京喰種:re151話のネタバレより引用

 

貴未は自分の足で嘉納の元に行っていた

貴未はカネキを助け出す方法を一人で考えています。

貴未

(Rc細胞の中から人間をサーチする方法か・・・)

(ゲートの技術を応用できないだろうか)

(・・・いや道具をつくるには時間が足りない)

(「今あるもの」を使わないと・・・)

(熱感知?ダメだ)

(ソナーはどうだろう?悪くないかも)

(Rc細胞の受波実験は嘉納のノートに・・・)

東京喰種:re151話のネタバレより引用

 

そんな貴未にニシキが声をかける。

 

ニシキは以前トルソーを追っていましたが、やはり貴未の情報をつかむためだったようですね。

ニシキは、嘉納の元に囚えられてしまった貴未を助けに行こうとしていたようです。

 

ただ、貴未は嘉納に連れ去られたわけではなく、自分自身の足で嘉納の元に向かっていたそうです。

 

貴未が嘉納の元に足を運んだのは嘉納から喰種学を学ぶため。

貴未

「・・・嘉納教授は人の道こそ外れていたけど「喰種学」で比肩する人はいなかった」

「私が彼の助手を志願したのはそれが目的」

「あの人は医学のことしか頭になかった」

「彼は国が”喰種”を「研究せざるを得ない状況」を作ろうとした」

「カネキくんは”喰種”に目を向けさせる為の「大きな爆弾」だった」

東京喰種:re151話のネタバレより引用

 

そして、貴未自身の目的を叶えるためでした。

貴未

「・・・教授の目的はともかく、私は彼の知識が欲しかった」

ニシキ

「・・・手に入れてどうすんだよ・・・」

貴未

「夢を叶えたい」

「咎められることなく「人間の私」として「喰種のニシキくん」と一緒に生きる」

東京喰種:re151話のネタバレより引用

 

貴未は竜となって世間に明るみに出たカネキが、人間と喰種が共存していくきっかけになると思っている様子。

貴未

「そのためには”喰種”を排除しようとする人間の意識を変えないと・・・」

「あの巨大な『赫者』は万能細胞といえる特殊な物質で構成されている」

「 Rc細胞の研究で医学が発展すれば”喰種”への認識も・・・」

東京喰種:re151話のネタバレより引用

 

ただ、貴未の思いとは裏腹に、ニシキはそうは思っていません。

ニシキ

「貴未・・・」

「あのバケモン見て人間が”喰種”に歩み寄れるか?」

「・・・どんだけ人が殺された?」

「・・・あんなもん見たら俺でも”喰種”なんて居ない方がいいって思っちまうよ」

東京喰種:re151話のネタバレより引用

 

対して貴未はこう返します。

貴未

「ニシキくんあの怪物が”喰種”だって言ってるの?」

ニシキ

「・・・?」

「本体がカネキなら・・・そうだろ」

貴未

「カネキくんは人間でしょう?」

「あれは”喰種”じゃない」

「あれは人間がなったんだよ」

「あなたたち”喰種”は「人間が起こした事」を解決しようとしてくれてるんだよ」

東京喰種:re151話のネタバレより引用 

 

Vが姿を見せる・・

瓜江は和修政と出会い、地下の王の話を聞かされる。

和修政

「・・・和修のタブーの一つだ」

「ヤツの正体は和修から出た「隻眼の喰種」」

「和修でありながら和修家に反感をもったヤツは対策院と真っ向から対立し・・・そして24区へ追いやられた」

「カネキケンの赫子が和修の血族の誰かによるものとは聞いていた・・・」

「だからあのような姿をとりえたのだろう」

「歴史をなぞるなら「地上の王」も地下へ押しやればいい」

東京喰種:re151話のネタバレより引用

 

瓜江に「なぜここまで協力するのか」と聞かれると、和修政はこのように答える。

和修政

「・・・この身にも”喰種”の血が流れている」

「誇り高く忌まわしき血が」

「じきに皆それを知るだろう・・・」

「媚くらい売っておくさ」

「・・・「礼」もせねばならんしな」

「父を”本当に”殺した連中に」

東京喰種:re151話のネタバレより引用

 

そこから場面が変わり、街の中にVが姿を現す。

 

そこに武臣が登場。

 

するとVは去っていきます。

 

この展開でVが動かないのはありえないと思っていましたが、いよいよ動きを見せてきましたね。

今後、Vがどのような動きを見せるのかは注目したいところです。

 

カネキの場所がわかる手がかりが!

ヒデとトーカはビルの屋上で2人で話をしている。

トーカがヒデにマスクを外すよう促すと、ヒデはマスクを外す。

 

ヒデがトーカにいつからカネキのことが好きだったのか聞くと、トーカがこのように返す。

トーカ

「・・・私が”白鳩”相手に無茶したとき」

「「私が死んだら哀しい」って・・・アイツが」

「・・・そんときかな」

東京喰種:re151話のネタバレより引用

 

ヒデが結婚の話を振ると、トーカは指輪をカネキに渡したことを思い出す。

トーカ

「指輪は私が・・・」

「・・・私、あげた」

「指輪!」

東京喰種:re151話のネタバレより引用

 

この指輪がカネキを見つける手がかりになりそうな予感・・。

スポンサーリンク

東京喰種:re151話のネタバレの考察

東京喰種:re151話のネタバレの考察をこちらにまとめておきます。

 

Vの動きに注目

151話のネタバレで、ついにVが動いてきましたね〜!

Vは、嘉納たちが破壊しようとしていた歪んだ鳥籠を守ろうとしていた側。

鳥籠が壊されようとしている今、Vが動いてこないわけがないと思っていましたが、これからどう出てくるのでしょうか??

カネキ救出に向け、順調に手がかりをつかんでいるように思えますが、どこかでVの邪魔は入ってくるでしょう。

これからのVの動きには注目です。

 

東京喰種:re151話のネタバレのまとめ

いよいよカネキを救出するための大きな手がかりが見つかりましたが、同時にVの邪魔も入ってきそうな予感。

Vの動きには注目したいところですね。

 

知られざる有馬の過去が判明!?

004.480x480-75-4

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。