【キングダム】537話のネタバレ!王賁の見た大将軍の景色とは!?

キングダム537話のネタバレの見所をこちらにまとめておきます。

絶体絶命の状況になった王賁でしたが、そこから王賁は活路を見い出し、いわゆる「大将軍の景色」を見ようとする。

王賁が取った行動とは!?

スポンサーリンク

キングダム537話のネタバレの要点まとめ

キングダム537話のネタバレの要点をこちらにまとめています。

 

王賁脱出??

岳嬰軍と趙峩龍の軍に囲まれ絶対絶命のピンチとなる玉鳳隊。

 

ただ、王賁は蒙恬の言った「大将軍の景色がたまに見える」という言葉を思い出し、すでに活路が見えている模様。

番陽を呼ぶと、玉鳳隊を分裂させ始める王賁。

 

玉鳳隊は右奥、つまり、岳嬰軍、趙峩龍軍がいない方に逃げるような動きを見せる。

 

しかし、そこに逃げても徐肖・徐林の追っ手が玉鳳隊の背を突く。

 

しかし、実は右奥に逃げた部隊には王賁はおらず、王賁は少数で真逆、岳嬰軍と趙峩龍軍の境目を抜いて左へ突破しようとする。

 

王賁が率いる小隊は千騎以下。

少ないながらもなんとか包囲網を突破する。

趙峩 龍軍は、王賁隊がそのまま亜光の出した援軍に合流するのを防ごうと部隊を出す。

 

しかし、趙峩龍の読みとは裏腹に王賁は旋回をせずにそのまま直進していく。

 

王賁の考えはいったい!?

 

王賁の見た大将軍の景色

王賁は趙軍の陣営に向かっていく。

趙陣営に近づくと当然のごとく奥にいた趙兵が王賁の部隊に集まってくる。

完全に逃げ場を失った王賁隊ですが、王賁は逃げ場は必要ないと口にする。

王賁

「逃げ場など必要ない」

「俺達は攻めに行っているのだ」

キングダム537話のネタバレより引用

 

王賁が向かっているのは「横陣の弱点」。

ナレーション

「戦いの基本は横陣である」

「互いに横陣をしくため戦いは横陣同士の正面のぶつかり合いとなる」

「ここで警戒しなくてはならないのは裏側である」

「横陣は裏を取られるとその場が前後から挟撃されるため予備軍を敷いてこれを守る」

「そしてもう一つの弱点が”端”である」

「”端”に隊をつけられるとそこから挟撃となり次々と粉砕されてしまう」

キングダム537話のネタバレより引用

 

今、王賁の部隊に寄ってきているのは趙軍の予備軍。

ただ、王賁隊はそれらをかわし、全力でとある点を目指していた。

それは、王賁たちが最初にいた場所から対角線上に位置する馬南慈軍横陣の弱点である左端。

 

そして、王賁の動きに亜光が呼応する。

亜光

「左にいる各隊!」

「持ち場を離れ若と共に挟撃し馬南慈軍を左から食いつぶせ」

キングダム537話のネタバレより引用

 

王賁の動きのおかげでうまくいけば馬南慈軍を壊滅させることができないほどのチャンスに。

亜光

(若め)

(練っていた対馬南慈軍の戦略が全て消し飛んだぞ)

(ーだが)

(うまくいけばこの二日目で馬南慈軍を復活できぬ程叩けるやもしれぬ!!)

キングダム537話のネタバレより引用

 

王賁は蒙恬の言葉を再び思い出す。

蒙恬

(王賁)

(六将とかの類の大将軍ってのはどんな戦局どんな状況であっても常に)

(主人公である自分が絶対に戦の中心にいて全部をぶん回すっていう自分勝手な景色を見てたんだと思うよ)

キングダム537話のネタバレより引用

スポンサーリンク

キングダム537話のネタバレのまとめ

537話の王賁かっこ良すぎでしょww

蒙恬といい王賁といい、戦局を見て戦うまさに将軍っぷりが見られますが、今回で信の微妙さが際立つ結果にww

信もそろそろ大人の戦いをしてほしいなと思うところではありますw

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。