【約束のネバーランド】62話のネタバレで鬼の弱点が判明

オジサンにはめられ大量の鬼に囲まれてしまったエマとレイ。

約束のネバーランド62話のネタバレでその後の展開が描かれているので、続きが気になる方はこちらをご覧ください。

スポンサーリンク

約束のネバーランド62話のネタバレの要点

約束のネバーランド62話のネタバレの要点をこちらにまとめておきます。

 

エマとレイはどう切り抜ける?

わざと鬼を呼んだオジサン。

オジサンは2人に協力するつもりは一切ない模様。

オジサン

「まぁ フツー死ぬと思うけどがんばって」

「俺その辺で見てるから」

「片方死んだら助けてやるよ」

約束のネバーランド62話のネタバレより引用

 

レイたちは鬼の群れを切り抜けることを決めるが具体的にどうすべきかはまだ見えていない。

鬼たちが樹を登ってくると、レイたちは別の樹に移動。

 

鬼が迫るが、レイが頭上の樹を撃ち落として鬼の動きを止める。

 

そのままエマが捕縛用の銃を使い、鬼の身動きを封じます。

 

この動きにはオジサンも感心する。

オジサン

(あのピストル・・・確か”閃光””催涙””捕獲ネット”あと”音”だか何だか出せるってヤツ・・・)

(要はジョボ銃をあえて使うか)

(ライフルでもまず森狙い・・・)

(最初からあくまで逃げるって作戦)

(賢いねぇ悪くないてかこの武器チョイスこういう状況も想定してた?)

約束のネバーランド62話のネタバレより引用

 

しかし、エマとレイの策もいっときの時間稼ぎにしかならず、再生しながら鬼たちが襲ってくる。

 

ただ、このままではただの弾の無駄使いをしているだけ。

再生能力をもつ相手にレイたちはどうするのか??

 

ちなみにオジサンは鬼を瞬殺しています。

 

鬼の弱点が判明

鬼の対策を必死に考えるレイ。

レイ

(弾丸だけが減って行く)

(どれだけ撃ってもすぐ再生する)

(しかもその度にどんどん形を変えて)

(何だこいつら何なんだ)

(まるで不死身の化物だ)

(いや違う不死身じゃない)

(あいつは死んだ)

(ソンジュの話を聞いた時思った)

(”鬼は殺せる”1000年前の人間にも1000年前の技術でも)

(つまり俺達にだって倒す方法はあるんだ!!)

約束のネバーランド62話のネタバレより引用

 

そして、レイはかつて鬼が死んだときのことを思い出す。

レイ

(思い出せ)

(俺は見た)

(あの時一体どうやってー)

(あ)

(そうかだから仮面をー)

約束のネバーランド62話のネタバレより引用

 

そして、エマに目を狙うよう指示する。

レイ

「エマ!目だ!!」

「顔の中心付近の目!!」

「弓でいい!そこから狙え!」

約束のネバーランド62話のネタバレより引用

 

弓で鬼の目を射ることで、鬼を撃退することに成功。

 

どうやら鬼は目が弱点で、ここを攻撃されると再生できないということがわかりましたね。

 

エマとレイはこのまま最低限の反撃をしつつなんとか鬼の群れを引き剥がす。

 

ちなみにオジサンはひょっこり姿を現しますw

 

ただ、レイは生き残るために持ってきた弾をほとんど使ってしまった模様。

レイ

(でもあの後何度も外した)

(殺せても難しい)

(あれから更に19発)

(残った弾丸は33発)

(今日はまだ片道の一日目)

(片道目標4日間)

(往復だけで最短あと7日)

(あと7日)

(7日もあるのに残りたったの33発)

約束のネバーランド62話のネタバレより引用

 

さあ、エマとレイの外の旅はいったいどうなるのでしょうか??

スポンサーリンク

約束のネバーランド62話のネタバレのまとめ

鬼の群れからなんとか逃れることができたエマとレイ。

しかも、レイは持ってきた弾のほとんどを使ってしまったので、この先どうなってしまうのかまったく予想ができません。

ただ、収穫がまったくなかったわけではなく、「目を狙えば鬼を倒せる」ということがわかりました。

今後の2人の冒険がどうなっていくのか楽しみなところです。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。