【七つの大罪】241話のネタバレでグロキシニア&ドロールが死亡か!?

七つの大罪241話のネタバレの要点となる部分をこちらにまとめていきます。

七つの大罪の241話の内容をポイントを押さえて読んでいきたい方はこちらをご覧ください。

スポンサーリンク

七つの大罪241話ネタバレの要点まとめ

七つの大罪241話のネタバレの要点となる部分をこちらにまとめています。

 

グロキシニア&ドロールVSチャンドラー

七つの大罪のピンチに妖精族の王グロキシニアと巨人族の始祖ドロールが駆けつける。

 

2人の合体技、合技”鉱樹オルドーラ”という技で巨大な岩でできたつぼみでチャンドラーを閉じ込める。

 

グロキシニアとドロールは、ここは自分らに任せて逃げるよう七つの大罪メンバーに言うが、キングやディアンヌが反対する。

グロキシニアとドロールは2人をこの場から離れさせる。

グロキシニア

「羽が生え始めたばかりの妖精と小人の巨人にはご退場願うっス」

キング

「オイラたちだってまだ戦えます!!」

グロキシニア

「この程度も抜け出せないほど魔力を消耗してるくせに」

「これでもキミを買ってるんスよ・・・?」

キング

「生え始めで私と同等に霊槍の力を引き出せるんス・・・」

「羽が完全な進化を遂げた時おそらくキミは歴代最強の妖精王になれる」

七つの大罪241話のネタバレより引用

 

ドロール

「ディアンヌよ・・・お前はこれから巨人族を率いねばならぬ存在だ」

「ここで死なせるわけにはいかん」

ディアンヌ

「ボ・・・ボクが巨人族を!?」

「そんなの・・・無理だよ!!」

ドロール

「・・・巨人族は死をも恐れぬ勇敢なる戦士だ」

「・・・言いかえれば戦うことしか知らず退く勇気を持てぬ臆病な種族」

「つまりその数を著しく減らした責任は王の私にある」

「巨人族の繁栄の未来にはきっとお前のような者が必要なのだ・・・!」

「なればこそ私は新しき王ー否女王の盾となろう!!」

七つの大罪241話のネタバレより引用

 

そして、2人を他のメンバーの所に飛ばしてしまう。

 

合技”鉱樹オルドーラ”の中からチャンドラーが出てくる。

 

両者の決着はどうなる!?

 

グロキシニア&ドロール死亡!?

グロキシニアとドロールがチャンドラーと対峙する。

 

両者の戦いは熾烈を極める。

 

そして、戦いが決着。

 

前回のネタバレでバチバチに死亡フラグを立てていたグロキシニアとドロールですが、やはり241話で死亡となってしまいましたね。

進化したチャンドラーの強さは凄まじいものがあります。

スポンサーリンク

七つの大罪241話ネタバレの考察

七つの大罪214話のネタバレの考察がこちら。

 

七つの大罪覚醒ターンか??

進化する前のチャンドラーにはなんとか勝利を収めることができましたが、チャンドラーが真の姿となってからはまったく歯が立たない様子でした。

また、240話のネタバレではキングがバンに「力不足」的発言をしたり、241話のネタバレではグロキシニアが「キングはもっと強くなる」的発言をしていました。

ここで七つの大罪メンバーが一度逃げたということは、七つの大罪メンバーが一度覚醒してから再戦する流れとなるのではないでしょうか??

特に、バンはもっとパワーアップしてもいいと思うので、次の展開に期待です。

 

七つの大罪241話ネタバレのまとめ

七つの大罪241話では、グロキシニアとドロールが死亡する流れとなってしまいました。

2人の想いを託されたキング&ディアンヌをはじめとした七つの大罪メンバーはこれからどうするのか。

次回の展開が楽しみなところです。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。