【東京喰種:re】143話のネタバレでまさかのカネキが死亡で次回で最終回となる可能性が・・

東京喰種:re143話のネタバレを見ましたが・・いやはや衝撃的展開となっていましたねww

隻眼の王であるカネキはほぼ死亡

そして、次回144話で最終回となる可能性まで出てきました。

スポンサーリンク

カネキVSジューゾー&半兵衛

食糧班として月山たちとともに外に遠征に行っていたカネキたちですが、なにかに感づき、カネキは一人で黒山羊のアジトに戻って来ます。

ジューゾーと戦い、絶体絶命のピンチだったヒナミの元に現れるカネキ。

そして、そのまま現CCG最強捜査官である鈴屋什造と戦います。

 

ジューゾーと部下の半兵衛はアラタを装着し、本気モードとなる。

 

対するカネキも赫子をまとい、赫者化し臨戦態勢に。

 

隻眼の王となってカネキが活躍したシーンはほとんどなかったですからね。

いよいよカネキのガチの戦いが見れる!!と思っていましたが・・

次のページはまさかの展開となっていました!!

スポンサーリンク

一瞬にしてカネキさんがダルマにww

隻眼の王のカネキと最強の捜査官のジューゾーとの戦い、いったいどんなバトルになるのかとワクワクしてましたが、次のページには手足をもがれダルマと化したカネキさんが描かれるww

 

カネキVSジューゾーの戦闘描写一切なしww

 

いや〜、こんな展開あるんですねww

 

ちなみにジューゾーと半兵衛も生き残りはしているもののかなり重症の模様。

 

旧多さんからカネキの戦いっぷりのコメントがありましたが、戦闘描写一切なしで主人公が敗北する漫画なんてかつてあったでしょうかww??

 

みんなを守れずに絶望にくれるカネキの前にさらなる絶望が待ち受けていました。

0番隊メンバーもハジメの手によってやられてしまったみたいです。

 

先に逃げていたトーカたちの動きも旧多に読まれていたようで、CCGに先回りされてしまう。

 

カネキにとっては何の救いもない展開に。

いったいどうなってしまうのでしょうか??

 

144話で最終回か!?

143話のこの展開を受けて、「144話で最終回なのか??」という予想が出ています

143話のラストのコメントにこのようにありました。

「次号エンドロール」

 

さらに、無印の東京喰種は14巻で終わっていたので「東京喰種reも14巻で終わるのでは??」と前々から言われていました。

ここで最終回となればちょうど14巻で収まりそうですしね。

もしかしたら144話で最終回となるのかもしれません。

 

3部目の展開予想

144話で最終回となったとすると、まだ明らかになっていない情報がかなりあるので、3部に突入する展開となるのだと思います。

もし3部に突入したとなるとこのような展開となるのではないでしょうか??

 

カネキの子供が主人公となる

まず一つ考えられるのがカネキの子供が主人公として描かれる展開。

トーカがカネキの子供を授かったシーンが物語の後半で描かれましたが、これは3部につなげるための伏線だったのかもしれません。

 

ヒデの組織目線で描かれる話

もう1パターンありそうなのはヒデが作ったと思われる組織目線で話が進んでいく展開。

この組織も目的などがまだ不明ですし、重要キャラが多いので中心となって話が進んでいく可能性はあると思います。

その場合の主人公は瓜江になる感じですかね??

 

それにしても東京喰種ならではというか、またしても悲劇的展開となっていますね。

しかも今回はカネキのやられ方があっさりしすぎていてあまり感情が入っていかないというか、悪い方向で期待を裏切られた感じが(ここは普通に強いカネキを見せるのでよかったのでは??)。

 

ただ、まだ最終回となるのが確定したわけではなく、これから別の展開が待っているのかもしれません。

次回144話がどのような話になるのか楽しみにしておきましょう。

 

知られざる有馬の過去が判明!?

004.480x480-75-4

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。