【進撃の巨人】96話のネタバレでベルトルトがアニのことが好きだとわかる描写が描かれる

進撃の巨人96話で個人的に面白かったのがベルトルトがアニに想いを寄せていたことがわかるシーン

以前、ライナーの発言によって、ベルトルトがアニのことが好きという設定であることがわかりましたが、96話でちょくちょくベルトルトがアニのことが好きだとうかがえるシーンが描かれていましたよ〜!

スポンサーリンク

ベルトルトがアニのことが好きという設定

「ベルトルトがアニのことが好き」という設定は、ライナーのこのセリフで確定となります。

ライナー

「故郷に帰ったらアニに自分の思いを伝えろ」

「見すぎだ」

「俺じゃなくたってわかるくらいな・・・」

「先の短い殺人鬼同士だろ?こんなの俺達以外に誰が理解し合えるっていうんだ」

745

出典:ヤプログ!

 

また、アルミンのこの発言を聞いてマジギレしていたのもアニのことが好きだという設定を印象づけています。

アルミン

「アニを置いて行くの?」

「アニなら今・・・極北のユトピア区の地下深くで拷問を受けてるよ」

「彼女の悲鳴を聞けばすぐに体の傷は治せても痛みを消すことはできないことはわかった」

「様々な工夫を施された拷問がー」

fb275150

出典:別マガ進撃隊 & 週間ジャンプ魂 – So-net

 

といった具合に、ベルトルトがアニのことが好きという設定がありましたが、96話でもその設定を印象づける描写が描かれていましたよ〜!

スポンサーリンク

96話でもベルトルトがアニのことを好きだとわかる描写が

96話でもベルトルトがアニのことが好きだとわかる描写が描かれていました。

 

まずはこちら。

ライナー・アニ・ベルトルトの3人は、壁の内側に潜り込むことに成功し、始祖の巨人についての話を進めるのですが、その会話の中でベルトルトがこんな反応を。

ライナー

「・・・そうか やはりあのフリッツ王は影武者だったか」

アニ

「あのじいさんだけじゃなくて家ごと別物だった」

「何の権限も無い木偶人形だけどおそらく「ユミルの民」じゃない」

「百年前フリッツに媚びた他人種系エルディア人が壁の中央を仕切ってる」

ベルトルト

「じゃあその家に取り入ればいいんだ」

「本物の壁の王に通じてるはずだ」

アニ

「・・・どうやって?」

「使用人として雇ってもらうとか?それとも私がその家の男に擦り寄って嫁入りするとか?」

ベルトルト

「そんなのダメだよ!!」

 

ベルトルトさんの「そんなのダメだよ!!」ww

そうですよね・・。

フリッツ家の男にアニさんを取られたくないんですよね・・。

そんな男子高校生みたいなピュアな反応を見せてくれるベルトルトさんがなんとも可愛らしい。

 

そして。

アニ

「そう これは無理」

「奴らは「ユミルの民」じゃないから権力の中秋にいられるのに家計に「穢れた血」を観戦させるようなヘマはしないよ」

「壁が破壊されてからは侵入者を警戒して新たな使用人は雇ってない」

「・・・そもそも私に男をたぶらかせるような魅力は無いし」

ベルトルト

「そんなことないよ!!」

 

ベルトルトさん、「私には魅力がない」という発言をするアニさんに対し、「そんなことないよ!!」という言葉を強く投げかける。

紳士!!

なんて紳士的なんだ!!ベルトルトさん!!

 

と、いった具合で、96話はベルトルトがアニのことが好きだとわかるシーンが再び見れる回でした!

現在、ライナーたち視点で過去の回想が描かれていますが、過去微妙にわからなかった細かい点がガンガン明らかになっていって、進撃ファンとしてはとても楽しめる展開かと思います。

 

次回の展開も楽しみにしておきましょう!!

では!!

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。