2017年主要電子書籍ストアを比較比較!おすすめ電子書籍サイトはこれで決まり!

スクリーンショット 2017-08-06 20.54.44

さあさあ、「今時紙の本でなんて読んでられるかい!!」という電子書籍派の人もいることでしょう。

かく言う僕も紙の本ではなく、圧倒的電子書籍派です。

だって、電子書籍だとその場で即漫画を変えちゃうし、部屋のスペースも取らないし普通に便利じゃないですか??

 

ということで、今回は2017年おすすめの電子書籍サイトを紹介します。

電子書籍サイトといってもいろんな種類あるので、それぞれの特徴を比較した上で、どのサイトがおすすめか紹介させていただきますね〜!

 

電子書籍のメリット・デメリット

各電子書籍サイトの特徴をまとめていく前に、まずは電子書籍のメリットとデメリットについてお伝えしておきましょう。

 

メリット

 

「読みたい」と思ったときに即購入できる

唐突に「あの漫画読みたい!!」って衝動にかられるときありません??

僕はつい最近もあって、ハンターハンターの連載が再開されましたが、「あれ?そういえば前の話あんま覚えてなくね??」となって、急激に昔の話から読み返したくなりました。

 

でも、わざわざ書店に行って購入するのはぶっちゃけ面倒ですよね??

「うおお!!めっちゃ読みたい!!でも、わざわざ書店で買うほどでは・・」となって、せっかく高まった漫画熱が冷めてしまうこともあります。

 

ですが、電子書籍であればわざわざ書店に行く必要はなく、スマホでホイホイ漫画を購入できるので、「読みたい」と思った瞬間に購入することができます。

僕にとっては「書店に行かなくて良い」というメリットが大きすぎたので、紙の本から電子書籍派に乗り換えることにしました。

 

いつでもどこでも漫画を楽しめる

電子書籍であれば、スマホさえあればいつでもどこでも購入した漫画を楽しむことができます。

例えば、どこかに出かけるときの電車の中。

小1時間電車に乗らないといけないとなったときの暇つぶしの道具に最適。

さすがに紙の漫画を持って行くのはだるいですし、「電車の中だとちょっと恥ずかしい」という人でも一見スマホを見ているだけなのでそんな恥ずかしさも気になりません。

 

移動時間に暇をしている人は、電子書籍で暇な時間をガッツリ潰しちゃいましょう!

 

無駄なスペースを取らない

これ特に一人暮らしの人は重要だと思います。

僕も実家にいたときはガンガン本を置けたので特に気にならなかったのですが、一人暮らしを始めてからは部屋がそこまで広いわけではないので、買った本を置いておくスペースをそこまで確保することができません。

 

電子書籍であれば、物質的スペースを取らなくて良くて、すべて本やPCの中に格納することができるので狭い部屋でもどんどん漫画を購入することができます。

漫画好きの人は、買えば買うほどスペースを取られてしまいますよね??

「やべ、部屋に置くとこないぞ」となる前に、電子書籍に切り替えてみてはどうでしょうか??

 

安い

同じ物を買うならどう考えたって安いほうがいいですよね??

電子書籍は紙の本に比べて価格が安いです。

実際に比べてみますと・・

「ワンピース86巻」の単行本が432円なのに対して、電子書籍版は400円で購入することができます。

スクリーンショット 2017-08-06 16.23.06

出典:https://www.amazon.co.jp/

 

1冊あたり32円もお得なんです!!

 

「え・・?そんなに大差ないって・・??」

またまた!!

 

確かに、1冊あたりの差だと大した額ではありませんが、これが10冊、100冊となると大きいでしょう??

10冊買うと320円の差、100冊だと3,200円もの差になります。

漫画を買う人は、トータルするとかなりの冊数を買う場合が多いと思いますので、早めに電子書籍に乗り換えることで無駄な出費を抑えちゃいましょう!

 

タイトルによってはカラー版がある

これは電子書籍ならではのメリット!

「ワンピース」などの人気作品に限りますが、モノクロではなく、カラー版で楽しむことができます。

カラー版だとまるでアニメを見ているような感覚で、一度読んだ作品でもまた違った楽しみ方ができるので「カラー版のほうが良い」という方はモノクロ版ではなく、カラー版で揃えてしまいましょう!

 

ポイントが貯まる

ポイント大好きお姉さんには嬉しいサービス!!

電子書籍サイトのほとんどに購入した際にポイントが付与されるようになっており、そのポイントで漫画を購入することができます。

どうせ購入するならポイントつきのほうが良いに決まってますよね??

1冊あたりの値段も安い上にポイントもついちゃうなら、もはや電子書籍一択でしょう。

 

いろんな漫画を無料で読める

電子書籍サイトの中で、特定の漫画が無料で読めるキャンペーンが実施されることがあります。

例えば、僕が今つかっている電子書籍サイトでは、「進撃の巨人最新刊発売記念」ということで、「最大3巻まで無料で読める」というキャンペーンが行われています。

このようなキャンペーンが頻繁に行われているので、いろんな漫画を無料で楽しむことができます。

「たまには普段読んでいる漫画以外も読みたい」という人にはぴったりですね!

 

デメリット

 

発売日が遅い場合がある

最新刊の発売が単行本よりも遅い場合があります。

完全電子書籍派だと、コンビニに行く度に「単行本は発売しているのに俺の電子書籍サイトだと・・あぁ・・」という思いをさせられることになります。

「最新刊が出たら即買いたいぜ!」という方は、少し合わない場合がありますね。

 

ついつい買いすぎてしまう

電子書籍だといちいち本屋に買いに行く手間がないですが、逆に言うとめちゃめちゃ気軽に買えてしまうので気づいたらとてつもない量の漫画を購入していたということもあります。

一度購入情報を登録してしまえば、1クリックでサクサク漫画を買えてしまうので、お金がない月は気をつけたほうがいいです。

ご利用は計画的に!

 

やっぱ目が疲れる

スマホやPC、タブレットなどの電子端末で読むことになるので、紙の本に比べると少々目が疲れるのは否めないです。

ただ、個人的にはそこまで気になるほどではないので、僕はまったくデメリットには感じていません。

 

バッテリー食う

また、バッテリーを食ってしまうというデメリットもあるでしょう。

スマホを長時間つかうことになりますので、バッテリーの寿命を削ってしまうことになります。

 

売れない

紙の本であれば、「もうこの本は読まない」というものはブックオフでいくらかのお金にすることができますが、電子書籍の場合はそれができません。

ただ、そもそもの値段が紙の本よりも安いので、売れないとしても結果的には安く済みます。

 

2017年電子書籍サイトを徹底比較

では、数ある電子書籍サイトの特徴をまとめつつ、徹底比較していきたいと思います。

これから電子書籍に乗り換えようとしている人は、こちらを参考に、どの電子書籍サイトを利用するのか決めてみてください。

今回紹介するのはこの8つの電子書籍サイト。

  • BookLive
  • ebookjapan
  • honto
  • DMM
  • Kindle
  • U-NEXT
  • Renta!
  • コミックシーモア

 

それぞれの特徴をまとめておきますので、どれにしようか迷っている方は参考にしてくだせぇ!

 

BookLive!

スクリーンショット 2017-08-06 17.02.32

漫画、書籍、雑誌、写真集と、幅広いジャンルを取り扱う電子書籍サイト。

約300,000作品、600,000冊を配信している超大手電子書籍サイトの一つです。

 

BookLive!の特徴と言えるのが、お得なキャンペーンの充実さ

  • 新規入会で50%OFFのクーポン獲得
  • 会員限定で1日1買いクーポンガチャに挑戦でき、全作品50%OFFなどのクーポンが当たる
  • 電子書籍購入時にTポイントを獲得できる
  • 「小学館マンガ全作品20%OFF」などのお得なキャンペーンを常に実施

など、漫画を購入する人には嬉しいサービスが揃っています。

 

僕も主に利用しているのはこの「BookLive!」でして、どの電子書籍サイトをつかおうか迷っているのであれば、とりあえずBookLive!をチョイスしておけば間違いないです。

 

おすすめポイント

BookLive!のおすすめポイント
  • 新規入会で50%OFFのクーポンがもらえる
  • クーポンガチャで50%OFFクーポンなどの獲得のチャンスが常にある
  • 購入時にTポイントがつく
  • お得に漫画を購入できるキャンペーンが常にある
  • 会員登録・月額費用ともに無料

 

口コミ

 

BookLive!の登録はこちら

 

ebookjapan

スクリーンショット 2017-08-06 17.24.31

「漫画のタイトル数No.1」を誇る漫画を読むのに適した電子書籍サイト。

無料漫画だけでも9,000タイトルあり、無料漫画を読み漁るだけで時間を潰せてしまうという暇圧殺機っぷり。

 

また、ebookjapanで熱いのが初回購入時に50%がポイントで還元されるという点。

例えば、「ハンターハンター全巻欲しいなぁ〜」という人がebookjapanの初回ポイント還元サービスを利用して購入すれば、ハンターハンター34巻分12,580円の50%、つまり、6,290円分のポイントを獲得することができるということです。

このサービスは破格の待遇ですね!

 

「まとめ買いしたい漫画がある」という方は、ebookjapanの初回ポイント還元サービスを利用しない手はないでしょう。

そして、このポイントをつかって他の漫画も変えちゃうという。

 

また、「新刊予約機能」をつかうと通常よりもお得で、普通に電子書籍を購入した場合は購入額の1%分がポイントとなるのですが、新刊予約機能で購入すると5倍の5%分がポイントとなります。

新刊を購入するのであれば、ebookjapanで購入するのが一番お得なので、このサイトは登録しておいたほうがいいでしょう。

 

おすすめポイント

ebookjapanのおすすめポイント
  • 初回限定で購入額の50%分のポイント還元
  • 無料で読める漫画の数が豊富
  • 全巻まとめ買いで通常の5倍のポイントを獲得できてお得
  • 新刊予約機能で漫画を購入することで通常の5倍のポイントを獲得できてお得
  • 会員登録・月額費用ともに無料

 

口コミ

 

ebookjapanの登録はこちら

 

honto

スクリーンショット 2017-08-06 17.46.01

hontoは、丸善・ジュンク堂・文教堂といった大型書店と連携しているサービスで、「電子書籍ストア・本の通販ストア・リアル書店の3つで購入した人には最大でポイントが4倍に」という「hontoクラブ」というサービスを導入しています。

ポイントが倍になるのは嬉しいですが、3つも利用する人ってま〜あ少ないんじゃ・・w

 

他の電子書籍ストア同様、新規会員登録者には50%OFFのクーポンを配布してくれます。

また、「最大3巻分無料」といった無料で読めるキャンペーンも充実しているのが嬉しい。

 

おすすめポイント

hontoのおすすめポイント
  • 新規会員限定50%OFFクーポンが手に入る
  • 「最大3巻無料」などのお得なキャンペーンが随時実施
  • 電子書籍ストア・本の通販ストア・リアル書店の3つとも利用することでポイントがさらにお得に
  • 会員登録・月額費用ともに無料

 

口コミ

 

hontoの登録はこちら

 

DMM 電子書籍

スクリーンショット 2017-08-06 19.21.05

ちょっと違う方向で有名なDMMさん。

ただ、最近だとあっち以外でもいろいろと活躍しているようで、電子書籍ストアも運営しているようです。

 

DMMとあって、18歳以上を対象とした大人向けのコンテンツも充実。

電子書籍なら何を読んでいるかバレないし、お店では買いづらいような本も気にすることなく買えちゃうので、大人向けの漫画も読みやすいです。

 

DMMの電子書籍ストアで注目すべきは定期的に開催される50%分のポイント還元キャンペーン

他の電子書籍ストアだと、「初回のみ50%分のポイント還元」がほぼですが、DMMではありがたいことにそれが定期的に開催されます。

ちょうど今(2017年8月現在)も9/1までの期間限定で50%分ポイント還元キャンペーンが行われているので、実質半額で漫画を購入することが可能。

DMMはとりあえず登録しておいて、50%のポイント還元のイベントに合わせて利用するようにするのが吉です。

 

おすすめポイント

DMM電子書籍のおすすめポイント
  • 定期開催の50%分のポイント還元キャンペーンがすごい
  • 無料で読めるキャンペーンも充実
  • 18歳以上を対象とした漫画も充実
  • 会員登録・月額費用ともに無料

 

口コミ

 

DMMの登録はこちら

 

Kindle

スクリーンショット 2017-08-06 19.33.44

ご存知世界最大級のECサイトAmazonの電子書籍ストア。

「とりあえずAmazon Kindle」という人もいるでしょう。

漫画、小説、ラノベ、ビジネス書と、品揃えでいえば電子書籍ストアの中ではトップ。

 

目に優しいKindle Paperwhiteという端末もあり、これを購入して電子書籍を読むようにすれば、「目が疲れやすい」というデメリットも解消されます。

 

ただ、他の電子書籍ストアと比べ、お得なクーポンや無料試し読みサービスが充実していない感は否めず、「漫画をなるべく安く買いたい」という人にはおすすめしません

 

Kindle Unlimitedという月額980円で特定の(とは言ってもかなり種類は豊富)本が読み放題となるサービスがあり、「漫画を読みたい」というよりは「ビジネス書をガッツリ読みたい」という人向けのイメージです。

 

おすすめポイント

Kindleのおすすめポイント
  • 品揃えはトップ
  • Kindle Paperwhiteを使えば目が疲れにくい
  • Kindle Unlimitedで月額980円で本が読み放題に
  • 会員登録・月額費用ともに無料

 

口コミ

 

Kindleの登録はこちら

 

U-NEXT Book Place

スクリーンショット 2017-08-06 19.48.43

U-NEXTは、ドラマ・映画・アニメなどの動画配信サービスがメインなので、電子書籍だけでなく、動画コンテンツも楽しめる電子書籍ストア。

新規登録者は600円分のポイントを獲得することができるので、それをつかって電子書籍を購入することが可能です。

 

ただ、他の電子書籍ストアと違い、月額費用がかかります。

しかも、1,980円と割と高め

31日間は無料トライアル期間なので、とりあえずお試しでつかってみるのもありです。

 

おすすめポイント

U-NEXT Book Placeのおすすめポイント
  • 新規登録者は600円分のポイントが手に入る
  • 無料試し読みキャンペーンが充実
  • 映画やドラマなどの動画サービスも楽しめる

 

口コミ

 

U-NEXTの登録はこちら

 

Renta!

スクリーンショット 2017-08-06 19.57.15

Renta!は、他の電子書籍ストアとは少しシステムが違います。

他の電子書籍ストアとは違い、漫画を購入するのではなく、時間限定でレンタルする仕組みです。

TSUTAYAのネット通販版のようなイメージです。

 

当然、レンタルなので普通に購入するよりも安く済むのがメリットになります。

48時間レンタルだと100円で読むことができるので、「とりあえず1回だけ軽く読めればいいやー」という人はRenta!を利用するのがいいでしょう。

 

おすすめポイント

Renta!のおすすめポイント
  • 他の電子書籍ストアにはないレンタルシステムで安く漫画を楽しめる
  • 48時間レンタルなら100円で済む
  • 無料お試しキャンペーンも充実していて、週変わりで作品が変わるのでいろいろな漫画を楽しめる

 

口コミ

 

Renta!の登録はこちら

 

コミックシーモア

スクリーンショット 2017-08-06 20.07.49

正直、他の電子書籍ストアに押され気味感が否めないコミックシーモア。

これと言って目立つポイントはないと言えます。

 

おすすめポイント

コミックシーモアのおすすめポイント
  • 新規登録者に50%OFFクーポンがプレゼント
  • 無料コミック特集が充実

 

口コミ

https://twitter.com/rumachon/status/890369890950955008

 

コミックシーモアの登録はこちら

 

結局どの電子書籍ストアにすればいいの??

ここまで2017年現在でみなさんが良くつかっている電子書籍ストアの特徴をまとめてきました。

 

ただ!!

 

ずらずらーっと並べただけでは「結局どれがおすすめなのよ!!」と、なってしまうことでしょう。

そこで、実際にどの電子書籍ストアを選ぶのがおすすめなのかもお伝えしておこうと思います。

 

BookLive!とDMMの登録はマスト

個人的にマストだと思うのは

  • BookLive!
  • DMM

の2つ。

 

BookLive!は、ガチャで定期的にお得なクーポンが手に入るのがお得なので、登録して毎日ストイックにガチャに挑戦し続けるのがいいです。

Twitterを見てみると、「クーポン当たったー!!」という声をけっこう見るので、割とすぐ当たるみたいですよ〜!

 

DMMは、定期的に開催される50%ポイント還元キャンペーンが熱すぎる!!

このキャンペーン期間を逃す手はないので、DMMはとりあえず登録をしておき、キャンペーン期間になったら欲しかった漫画をガンガン買っていくという使い方がおすすめです。

 

BookLive!の登録はこちら
DMMの登録はこちら

 

無料のものはとりあえず登録してしまう

また、U-NEXT以外は登録してもお金がかからないので、「とりあえず登録してクーポンをもらう」というのも良いと思います。

登録するだけなら無料なので、もらえるものはもらっておいても損はないでしょ??

50%OFFクーポンなら、ほとんどの電子書籍ストアで配布しているので、それ目当てで片っ端から登録していくというやり方もありだと思います。

 

まとめ

以上、2017年主要電子書籍ストアの徹底比較でした。

それぞれ特徴がありますが、個人的に特におすすめなのが「BookLive!」と「DMM」。

この2つはお得な他の電子書籍ストアよりもお得なキャンペーンを実施してくれているので、ぜひ利用してみてくださいね〜!

BookLive!の登録はこちら
DMMの登録はこちら

関連記事

スクリーンショット 2017-08-06 20.54.44

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


五 − = 4

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>