【東京喰種:re】134話のネタバレで死堪の正体が東京喰種JAIL主人公リオであることが確定

東京喰種:re134話で、死堪の正体が東京喰種JAILの主人公であるリオであることが確定しました。

これは前々から予想されていたことでしたが、予想通りという結果でしたね。

スポンサーリンク

東京喰種:re134話旧多のセリフから死堪の正体が東京喰種JAIL主人公リオであることが判明

東京喰種:re134話の旧多のこのセリフから死堪の正体が東京喰種JAIL主人公リオであることが確定しました。

旧多

「僕は局長だ」

「「面倒ごと」を持ち込んで僕に迷惑かけたら駄目でしょうが」

「ロマ、リオ2人とも殺せ」

東京喰種:re134話より引用

 

その場にいるのはピエロのロマと死堪。

つまり、旧多は死堪のことを「リオ」と呼んでいるのです。

スポンサーリンク

以前から死堪の正体リオ説はあった

今回の旧多のセリフで死堪の正体がリオで確定しましたが、前々からこの伏線はありました。

 

リオが主人公の作品「東京喰種JAIL」に死堪の姿が

リオというキャラは「東京喰種JAIL」というゲームの主人公。

maxresdefault-56

 

もともとはコクリアに捕まっており、アオギリの樹がコクリア襲撃を行った際に逃走した喰種の一人。

4種類すべての赫子を使えるというゲームらしい設定が施されているキャラで、東京喰種JAILで主人公を務めるのですが、そのシナリオブックのカバーを外すと表紙になぜか死堪の姿が描かれています

CWuFvknUwAEQrHf

出典:Twitter

 

シナリオブックのラストシーンで「死」と「堪」という字がつかわれている

シナリオブックのラストシーンにはリオがコクリアから脱走するシーンが描かれているのですが、その中に「死」と「堪」という字がつかわれています。

これは匂いますね〜

 

シナリオブック内にエトも登場

また、シナリオブック内のラストにエトらしきキャラも登場しています。

そのタイミングでエトがリオを連れ去り、死堪としてアオギリの樹に置いておいたのかもしれませんね。

 

死堪の実力は!?

死堪は今までちょいちょい先戦闘に参加してきましたが、ガッツリバトルを描かれたことはあまりありません。

134話でも、黒磐に首を締め上げられ倒れる。

E69DB1E4BAACE596B0E7A8AEre20134E8A9B120E3838DE382BFE38390E383AC20135E8A9B120E3838DE382BFE38390E383AC-23

出典:http://jump-netabare.seesaa.net/

 

瓜江がロマを倒し、これで2人とも倒したかと思いきや、瓜江の背後から赫子が・・。

E69DB1E4BAACE596B0E7A8AEre20134E8A9B120E3838DE382BFE38390E383AC20135E8A9B120E3838DE382BFE38390E383AC-16

出典:http://jump-netabare.seesaa.net/

 

もし、これが死堪の赫子だとしたら、まだまだ死堪の実力は未知数ということ。

次の展開を楽しみにしておきましょう!!

 

知られざる有馬の過去が判明!?

004.480x480-75-4

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。