【ワンピース】866話のネタバレでビッグマムの過去と巨人族との因縁の原因が描かれる!

ワンピース866話はビッグマムの過去編でした。

ビッグマムは巨人族と因縁があるように描かれていたので、「ビッグマムの過去編は描かれるんじゃないか??」と言われていましたが、やっぱり描かれることになりましたね。

ビッグマムと巨人族との因縁が生まれた原因も明らかになるので、ぜひご覧ください。

スポンサーリンク

866話のネタバレでビッグマムの過去が描かれる

866話はビッグマムの過去回でした。

ビッグマムの過去も知ると、彼女に対する印象もかなり変わってくると思いますよ。

 

ビッグマムは人間から産まれた子

ビッグマムのサイズ感的に「ビッグマムは巨人族なのでは?でも、巨人族にしては小さめだからそれが原因でいじめられて巨人族に恨みをもっているのでは?」という予想がありました。

しかし、ビッグマムは普通の人間の両親から産まれた子であることが判明。

ただし、5歳時点で身長が5mを超えるという規格外のサイズではありました。

 

その体格と無邪気な性格が相まって、故郷の地で多数の損害を出す。

そして、エルバフの地に島流しにされてしまいます。

 

シスター・カルメルの正体が明らかに

お茶会に必ず写真を持っていくほどビッグマムにとっては大事な存在であるシスター・カルメル。

その正体がビッグマムの過去編で明らかになります。

 

100年前世界を震撼させていた巨兵海賊団。

しかし、突如として2人の船長が姿をくらまし、伝説となります。

これはドリーとブロギーのことでしょう。

ワンピース866話ネタバレビッグマム過去

出典:opwymtk.sakura.ne.jp

 

船長を失った巨兵海賊団は、海軍に捕まり、処刑されそうになりますが、そこに一人若きシスターが現れる。

そのシスターこそがマザー・カルメル。

当時は「シスター・カルメル」と呼ばれていたようです。

 

シスター・カルメルは、「今処刑を行えば巨人族の怒りを買い、人間は報復される」と説き、処刑をやめさせる。

 

その後、カルメルは聖母(マザー)と呼ばれ、種族や身分を問わない行く当てのない子供たちを保護する「羊の家」という施設を開きます。

 

処刑されるビッグマム!?

ビッグマムもカルメルの羊の家に迎え入れられる。

ただ、その無邪気さは健在で、手長族の子の手を引きちぎろうとしたり、魚人族のヒレを千切ろうとします。

しかし、カルメルはビッグマムのことを一切咎めることなく、他の子たちと仲良くするように説得する。

 

そこから10年後、ビッグマムは巨人族からも受け入れられるようになる。

エルバフでは冬至祭までの12日間、断食を行い太陽に感謝するという風習があり、断食を始める前にセムラという甘くて美味しいお菓子を食べて栄養をたくさん摂ることになっていました。

 

断食に備えてセムラを食べたビッグマムは、その味の虜になり、セムラをどか食いしてしまう。

そして、断食が始まると6日目までは我慢できていたビッグマムですが、7日目にして食いわずらいを発症。

そのせいで巨人の村を壊滅させてしまう。

 

村の長ヨルルは、ビッグマムのことを「子供の姿を借りた悪神」とし、カルメルの説得を聞かずにビッグマムのことを処刑しようとする。

 

ここで866話は終わり。

前から予想があった通り、ビッグマムはエルバフ出身の人間でしたね。

そして、巨人族と因縁がある理由もぼんやりと見えてきました。

スポンサーリンク

866話を見た上で今までのシーンを振り返ると

866話を見た上で今まで描かれたシーンを改めて見てみると面白いですよ!

 

巨人族との因縁は前々から描かれていた

ビッグマムが過去に巨人族となにかあったことは前々から予想されていました。

それは、ジャッジが「巨人族」という言葉を出したときのビッグマムの反応を見ると明らかですね。

ワンピース866話ネタバレビッグマム過去

出典:ヤマカム

 

お菓子好きな理由も判明

ビッグマムの「お菓子好き」という設定もエルバフでセムラを食べまくったところからきているのでしょう。

そして、食いわずらいという設定もエルバフの風習である断食が原因だったようですね。

ワンピース866話ネタバレビッグマム過去

出典:LOGPIECE(ワンピースブログ)

 

トットランドはマザー・カルメルの想いを汲んだ模様

ビッグマムは、「世界中のあらゆる人種が「家族」となり同じ目線で食卓を囲む事」を目的にトットランドを作っています。

ワンピース866話ネタバレビッグマム過去

出典:ワンピースネタバレ予想考察

 

866話でマザー・カルメルもどんな種族でも受け入れる「羊の家」を作っていたことがわかったので、どうやらビッグマムは彼女の意思を汲んでトットランドを作っているようですね。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。