【進撃の巨人】巨人の正体が確定!中身はやはり人間だった件!

進撃の巨人巨人正体中身人間

進撃の巨人を語る上で欠かせない存在である巨人。

その正体がついに作中で明らかになりました。

今回改めて巨人の正体についての情報をまとめていくので、巨人に関する情報を知りたい方はこちらをご覧ください。

スポンサーリンク

巨人の特徴を改めてまとめる

進撃の巨人巨人正体中身人間

進撃の巨人といえば、やはり巨人の存在が欠かせないですよね?

改めて巨人の情報をこちらにまとめておきます。

 

近くの人間を捕食しようとする習性がある

巨人の習性としてあるのが「近くの人間を捕食しようとする」という習性。

逆に人間以外の動物には一切関心を示すことなく、人間を襲うことしかしません。

水や食料を一切取らずとも活動できるため、普通の生物であるとは考えづらいですね。

 

日光がないと活発に活動することができない

巨人は日光を浴びていないと活発に動くことはできません。

進撃の巨人巨人正体中身人間

出典:進撃の巨人

 

そのため、夜は巨人がうろついていることはほとんどなく、あえて夜に壁外活動に出ることもあった。

 

その場で傷を再生させる脅威の回復力を持つ

巨人が脅威と言えるのは、その大きさもそうですが、高すぎる再生力も要因の一つ。

大砲などで体を吹き飛ばしたとしてもすぐに再生してしまうので、致命傷になることがありません。

唯一の弱点となるのが、うなじ。

そこを大きく損傷させると、再生されることなく消滅していきます。

そのため、現在有効な戦闘手段は、立体機動装置を駆使した格闘術のみとなっています。

 

個体によって大きさにバラつきがある

巨人は個体によって大きさにバラつきがあり、3mとそれほど大きくないものから、15m級といったかなり大きなものまでいます。

当然、大型のほうが対処は厄介です。

 

通常種と奇行種の2タイプが存在

先ほど「巨人は近くの人間を狙う習性がある」とお伝えしましたが、それは通常種に限られる話です。

実は、巨人には奇行種という通常種の習性に当てはまらない巨人もいます。

奇行種は、近くの人間を無視して、遠くにいる集団を狙うという予測不能な行動を取ったりするので、通常種よりも対処が厄介になります。

スポンサーリンク

巨人の正体は人間であることが判明

前々から「巨人の正体は人間なのでは?」と言われてきましたが、巨人の正体はやはり巨人であることが作中で確定しました。

このように、巨人の脊髄液を投与することで、人間から巨人へと変身していきます。

進撃の巨人巨人正体中身人間

 

注射された人間は、無垢の巨人となり、あてもなく彷徨い、人間を捕食するという行為以外取らなくなります。

人間に戻る唯一の方法は、「九つの巨人を継承した人間を捕食する」ということ。

ユミルは、無垢の巨人に変えられた後、無垢の巨人としてパラディ島を60年間彷徨い続けましたが、その後、九つの巨人の力を有していたマルセルを捕食したことで人間の姿に戻ることができていました。

進撃の巨人巨人正体中身人間

 

ただ、どんな人間でも巨人に変身するというわけではなく、巨人になるのはエルディア人という人種のみ。

エルディア人は、エレンたちがいる壁内にいる人類のこと。

145代目フリッツ王のときに共に壁内に逃亡してきた人類がエルディア人です。

 

壁外にいる巨人は、マーレ国の中にある「収容区」と呼ばれるエルディア人を管理している場所にいる人間になります。

マーレは、そこにいるエルディア人が罪を犯した際に島送りにし、巨人にしてパラディ島に放っていました。

進撃の巨人巨人正体中身人間

 

グリシャの妻であるダイナ・フリッツも巨人薬を投与され、無垢の巨人に変えられていましたね。

【進撃の巨人】カルライーターの正体がダイナ・フリッツだと判明!座標との関係性も解説!

2017.04.15

 

追記

全然関係ないのですが笑、タバコを吸っているわけじゃないんですが、最近歯の黄ばみが気になって来て、なんかいいのないかなって調べてみたら、ホワイトニング用のジェル歯磨き粉を見つけたので購入してみました。

どうなるか楽しみです♫

スポンサーリンク

関連記事

進撃の巨人巨人正体中身人間

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


× 3 = 十八

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>