【進撃の巨人】93話のネタバレでアッカーマン一族の正体が巨人科学の副産物であることが明らかに

進撃の巨人93話ネタバレアッカーマン一族正体巨人科学の副産物

進撃の巨人の中でも特殊な一族として描かれるアッカーマン一族。

93話でその正体が「巨人科学の副産物」であることが明らかになりました。

詳しくは下記をご覧ください。

スポンサーリンク

記憶の改ざんの影響を受けないアッカーマン一族

ミカサやリヴァイの一族であるアッカーマン一族は特殊な一族です。

145代目のフリッツ王が戦いを放棄し、壁の中に逃げ込んだ際、壁内の人類の記憶を抹消し、「壁外の人類は全滅した」という記憶に改ざんしてしまいました。

しかし、その影響を受けなかったのがアッカーマン一族。

アッカーマン一族は記憶抹消の影響を受けず、フリッツ王の王政に異を唱えたため、「危険因子」と判断され、王政から迫害されることに。

 

そんな特殊な一族として描かれるアッカーマン一族ですが、93話でさらなる新情報が追加されることになります。

スポンサーリンク

アッカーマン一族は「巨人科学の副産物」であることが判明

93話のジークの発言によって、アッカーマン一族は「巨人科学の副産物である」という新情報が判明することになりました。

ジーク

「立体起動装置という武器を手にしている兵士・・・」

「私のミスはその武器を過小評価していたこと・・・」

「そして王家だけが知っている伝説の一族・・・」

「巨人科学の副産物アッカーマン一族と思わしき存在が少なくとも二人」

「・・・正直、奴にはもう会いたくありません」

進撃の巨人93話より引用

進撃の巨人93話ネタバレアッカーマン一族正体巨人科学の副産物

 

アッカーマン一族といえば、ミカサ、リヴァイ、ケニーと、いずれも高い戦闘能力の持ち主であることが特徴。

その理由は「巨人科学の力が働いていたため」ということが明らかになりましたね。

 

マーレ政府には「巨人科学研究所」という巨人の研究を進める機関があることがわかっています。

おそらくその機関が、人工的に巨人化能力を手にする実験を進めている途中で、人間離れした身体能力を誇る人間が誕生してしまった。

そして、その人間がアッカーマン一族という展開だと思います。

 

アッカーマン一族にはまだ謎が隠されていることが明らかになって個人的にはテンションがめちゃめちゃあがりました!

そのうち、アッカーマン一族の秘密がさらに明らかになっていくと思いますので、そのときを楽しみにしておきましょう!

スポンサーリンク

関連記事

進撃の巨人93話ネタバレアッカーマン一族正体巨人科学の副産物

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。