【進撃の巨人】進撃の巨人22巻を無料で手に入れる方法知りたくない?

進撃の巨人22巻無料

2017年4月7日に進撃の巨人の22巻が発売されました。

もしまだ進撃の巨人22巻を手にしていないとしたら朗報です!!

 

実は、“とあるサービス”を活用することで、進撃の巨人22巻を無料で手に入れることができてしまうのです。

これから購入予定の方にはぜひ活用していただきたいと思うので、こちらをご覧ください。

 

進撃の巨人22巻のここが必見!!

進撃の巨人22巻はかなり熱いです!!

今までの伏線がガンガン回収されていくので、22巻は是が非でも読んでほしい巻になります。

 

フクロウの正体が判明

21巻で存在が明らかになったフクロウ。

エルディア復権派のメンバーでありながら、マーレ政府にスパイとして紛れ込んでいる存在ということだけわかっていましたが、22巻でその正体が明らかになります。

進撃の巨人22巻無料

 

 

そして、彼が作中において非常に重要な人物であることもわかります。

 

九つの巨人に関するある秘密が明らかになる

エレンやアルミンが継承した九つの巨人に関する新情報が明らかになりました。

それは、「九つの巨人の継承者は◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯」というもの。

この事実もかなり重要な情報です。

 

座標の正体が明らかに

進撃の巨人の中で最大の謎であった「座標」。

「座標っていったいなんなの!?」という議論が常にありましたが、22巻でその謎も明らかになります。

 

「進撃の巨人」のタイトル回収

22巻で「進撃の巨人」のタイトルの意味が回収されます。

「進撃の巨人」がいったいなにを指しているのか気になる方は必見です。

 

エレンが座標をつかえた理由が明らかに

エレンは鎧の巨人に連れ去れそうになったときに一度だけ自分に宿る座標の力をつかうことができていました。

進撃の巨人22巻無料

 

22巻でこの謎も明らかになります。

エレンがなぜ座標の力をつかえたのかを知りたい方は実際に見るしかないですね〜!

 

ループ説がほぼ確定に!?

進撃の巨人には、「ループものなのでは?」という進撃の巨人ループ説が噂されていましたが、22巻のとあるシーンでそれがほぼ確定的となります。

進撃の巨人22巻無料

 

その存在を知るはずがないフクロウの口から「ミカサやアルミン」という言葉が出てきました。

これはいったい・・!?

 

エレンに待ち受けていた残酷な真実

「壁の外は自由」と信じていたエレンたちに待ち受けていたのは「壁の外には世界という敵が存在していた」ということでした。

ずっと目標としていた海にたどり着いたエレンでしたが、なんとも切ないシーンで締められています。

進撃の巨人22巻無料

 

進撃の巨人22巻を無料で手に入れる方法

このように見所がてんこ盛りとなっている進撃の巨人22巻ですが、実は無料で手に入れる方法があるので今回はそれをお伝えしようと思っています。

進撃の巨人22巻は、U-NEXTという動画配信サービスを活用することで無料で手に入れることができてしまいます

進撃の巨人22巻無料

出典:U-NEXT

 

U-NEXTは、日本最大級の動画配信サービスで、現在120,000本もの映画やアニメ、ドラマの動画を配信しているサービです。

そして、注目すべきは「U-NEXTは現在登録者全員に600円分の電子書籍を購入できるポイントを配布している」という点。

つまり、U-NEXTに登録し、登録した際にもらえるポイントをつかって進撃の巨人22巻を購入すれば、実質無料で購入できてしまうということになります。

 

「え!?でも、U-NEXTに登録したらお金がかかるんでしょ?」ですって??

それもご安心を!

U-NEXTでは現在31日間の無料トライアル期間が実施されています。

つまり、登録した際に得られるポイントをつかって進撃の巨人22巻を購入→31日間の無料トライアル期間中に退会をしてしまえば、一切お金がかかることなく購入することが可能ということです。

 

U-NEXTは電子書籍になりますが、電子書籍だとスマホでいつでもどこでも視聴できるので大変便利です。

私も電子書籍を活用していますが、通勤の電車の中や寝る前のちょっとした時間に横になりながら漫画を楽しめてしまうので、ぜひ活用してみてください!

関連記事

進撃の巨人22巻無料

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


5 × 三 =

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>