【進撃の巨人】不戦の契りとは?なぜ立てられたのかや意味を解説!

進撃の巨人,不戦の契り,とは,意味,なぜ

今回お伝えしていくのは、進撃の巨人の作品に登場する「不戦の契り」という言葉の意味。

不戦の契りは、作品を深く理解していくうえでは重要なキーワードになります。

こちらに不戦の契りに関する情報をすべてまとめておいたので、意味を詳しく知りたい方は参考にしてみてください。

スポンサーリンク

不戦の契り

 

145代目フリッツ王が作った契約

不戦の契りは、145代目フリッツ王が立てたもの。

フリッツ王は壁内の王。

現在女王として即位しているヒストリアの遠い遠い先祖になります。

 

「座標の力をつかえないようにする」という効力をもつ

不戦の契りは、端的に言うと「座標の力をつかえないようにする」という効力をもつ契約です。

「座標」は、進撃の巨人の中で度々登場していますが、「巨人を操る力」のことです。

 

過去にエレンが一度無知性巨人の集団を操っていましたが、あれこそが座標の力になります。

進撃の巨人,不戦の契り,とは,意味,なぜ

 

不戦の契りは、145代目フリッツ王が、その力をつかえなくするために立てたものです。

 

座標の力をつかうには、“とある条件”を満たさないといけません。

その条件というのが・・

「王家の血を引く者が始祖の巨人の力を継承する」

というものです。

 

座標の力をつかうことができるのは、「始祖の巨人」という最強の巨人です。

これは、ユミル・フリッツという巨人の起源となった女性が大地の悪魔との契約で授かった力。

進撃の巨人,不戦の契り,とは,意味,なぜ

出典:進撃の巨人ネタバレ最新話考察

 

この始祖の巨人こそが、座標の力をつかい、すべての巨人を操ることができるのですが、誰が継承しても座標の力をつかうことができるわけではありません。

「王家の血を引く者」が継承しないと力をつかうことができないのです。

なので、現在エレンが始祖の巨人の力を継承していますが、完全には座標の力を扱うことはできていないのです。

 

ただ、145代目フリッツ王が不戦の契りを立てたことで、例え王家の人間が始祖の巨人の力を継承しても座標をつかうことができないようになってしまいました

「王家の人間が始祖の巨人を継承した場合、145代目フリッツ王の思想に捕らわれ、自殺するように仕向けられる」というのが不戦の契りの内容です。

進撃の巨人,不戦の契り,とは,意味,なぜ

出典:進撃の巨人ネタバレまめ巨人

 

なぜ不戦の契りが立てられたのか?

不戦の契りが立てられた理由を説明するためには、初代フリッツであるユミル・フリッツの話をもう少し掘り下げなくてはなりません。

ユミル・フリッツは、始祖の巨人の力をつかって、エルディア国を繁栄させていきました。

進撃の巨人,不戦の契り,とは,意味,なぜ

出典:漫画オタクの辛口感想ブログ

 

ユミル・フリッツの死後、その力は「九つの巨人」に分かれ、それが今の知性持ち巨人として継承されていくわけですが、九つの巨人の力を手にしたエルディア国は、ユミル・フリッツとは異なり、自国の繁栄のためだけには巨人の力はつかいませんでした。

九つの巨人の圧倒的な力をつかい、他の国を攻め、蹂躙していきます。

進撃の巨人,不戦の契り,とは,意味,なぜ

出典:canworks

 

そして、エルディア帝国は大陸の支配者となります。

しかし、マーレ国の内部工作に遭い、エルディア帝国は九つの巨人のうち七つをマーレに奪われることに。

 

それでも始祖の巨人の力のおかげでなんとか均衡を保っていましたが、145代目フリッツ王が即位すると、戦争を放棄。

大陸を離れ、パラディ島という離れた島に逃亡します。

そして、始祖の巨人の力をつかい、三重の壁を築き、そこに楽園を作っていく。

これが今の進撃の巨人の舞台になります。

進撃の巨人,不戦の契り,とは,意味,なぜ

出典:ごちゃまぜにゅーす

 

このタイミングで145代目フリッツ王は、不戦の契りを立てることにしました。

要は、「これ以上戦いをしたくない」という思惑からでしょう。

次の代のフリッツ王が座標の力をつかてしまったら、「座標をつかって再び戦いに出る」という選択肢を取られてしまう可能性があるので、それを避けるために立てたということでしょう。

スポンサーリンク

しかし、不戦の契り対策があった!!

エルディア国が、マーレに対抗するには座標の力をものにする以外にはないと思いますが、残念ながら不戦の契りのせいで現状座標の力をつかうことはできません。

しかし、さっきも言いましたが、一度だけ王家の人間でないエレンが座標をつかうことができていましたよね?

 

実は、あれには理由があったのです。

エレンが座標をつかうことができていたのは、「カルライーター」と呼ばれる巨人と接触したとき。

進撃の巨人,不戦の契り,とは,意味,なぜ

出典:festy(フェスティー)

 

実は、この巨人がエレンが座標をつかえた理由に関係しています。

別記事に詳しくまとめていますが、この巨人の正体は、「ダイナ・フリッツ」という王家の人間。

【進撃の巨人】カルライーターの正体がダイナ・フリッツだと判明!座標との関係性も解説!

2017.04.15

 

つまり、「王家の血を引く巨人と接触したときに座標の力をつかえた」ということになります。

そこでエレンはこのように考えます。

進撃の巨人,不戦の契り,とは,意味,なぜ

出典:進撃の巨人ネタバレまめ巨人

 

「王家の血を引く者を巨人にして摂取」、つまり、「ヒストリアを巨人にして摂取する」ということでしょう。

うぉぉ、この非情な決断をエレンはできるのか。

しかし、座標の力は、今後確実に必要な力となるので、やはりここは非情な決断をしていくのか。

今後の展開を楽しみにしておきましょう!!

 

ハンジが主役のdTVオリジナルドラマ「反撃の狼煙」が超おすすめ

進撃の巨人,反撃の狼煙,dtv,ドラマ,感想

dTVという動画配信サービスが配信している「反撃の狼煙」という作品をご存知でしょうか?

こちらの作品は、調査兵団の主要キャラであるハンジが主役となって描かれた進撃の巨人のサイドストーリー。

dTV完全オリジナル作品となっているので、進撃の巨人ファンでも知らない人もいるかもしれないですね。

「立体機動装置誕生の秘密」などのこの作品の中でしか明かされていない秘密もあるので、進撃の巨人ファンの方はぜひ一度視聴してみてください。

 

スポンサーリンク

関連記事

進撃の巨人,不戦の契り,とは,意味,なぜ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


7 × = 十四

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>