【進撃の巨人】92話で対巨人用の大砲やら兵器がシャレにならないくらい強化されていることが判明

進撃の巨人92話対巨人大砲強化

進撃の巨人は新たな展開に突入したわけですが、92話はまたさらに話が進む。

今までは壁内に視点で描かれていましたが、今度は壁の外のマーレ人からの視点で描かれていきます。

91話では、マーレ人と中東連合軍との戦いが描かれましたが、92話でマーレ側の勝利という形でその戦いに終止符が打たれました。

ただ、中東連合軍が使っていた兵器の威力を見るに、今までの対巨人兵器の威力とは明らかに違っていることがわかります。

そういった細かいところに注目して見ていくのも面白いですよ。

スポンサーリンク

92話でマーレ側の勝利という形で戦争が終わったものの

前回の進撃の巨人はなかなかの急展開。

いきなりマーレサイドの視点で、中東連合軍との戦いから始まるというところからスタートしました。

 

今回の92話で、その戦いに決着がつくことに。

結果は、マーレ側の勝利。

空から無知性巨人を投下するいわば、巨人の空襲攻撃を仕掛けたり、

進撃の巨人92話対巨人大砲強化

出典:http://jump-netabare.seesaa.net/

 

顎の巨人や四足歩行型の巨人といった知性型巨人の力を存分につかい、マーレ側が中東連合軍を制圧していきました。

進撃の巨人92話対巨人大砲強化 進撃の巨人92話対巨人大砲強化

出典:http://jump-netabare.seesaa.net/

 

決め手となったのは獣の巨人の攻撃。

対巨人用の砲弾をつかみ、海の中東連合艦隊に向かって投げる獣の巨人。

進撃の巨人92話対巨人大砲強化

出典:http://jump-netabare.seesaa.net/

 

この攻撃で中東連合軍の要である艦隊を沈めることがきっかけで、中東連合はマーレとの講和条約を締結することになり、4年間続いたマーレとの中東連合との戦争が終結を迎えることになりました。

 

ただ、今回の話の中で気になったのが、中東連合が使っていた兵器の威力。

その兵器の威力は、過去の対巨人兵器のそれを明らかに上回るレベルとなっていました。

スポンサーリンク

現在と過去の対巨人兵器を比べてみる

進撃の巨人には、以前から対巨人用の兵器が登場していました。

過去に登場した兵器は、「壁上固定砲」という大砲。

進撃の巨人92話対巨人大砲強化

出典:進撃の巨人速報

 

「榴弾」と「ぶどう弾」という2種類の弾があり、榴弾は命中精度が低い代わりに巨人を仕留めるほどの破壊力。

ぶどう弾は、殺傷能力は低い代わりに巨人の足止めには効果的で、主に戦う兵士のサポート用として使われていました。

進撃の巨人92話対巨人大砲強化

出典:Naverまとめ

 

今までの進撃の巨人では、正直なところ兵器に対する期待感はほぼ0といったところでしたが、現在は見方がまったく変わっています。

マーレ戦で登場した対巨人兵器の威力は凄まじいものとなっていましたからね。

 

まず、全身を高質化できる鎧の巨人の体をも貫くほどの威力の砲弾を放つ。

進撃の巨人92話対巨人大砲強化

出典:http://jump-netabare.seesaa.net/

 

さらに、軍艦から放った砲撃は、鎧の巨人を吹き飛ばし、ノックダウンさせるほどの威力。

進撃の巨人92話対巨人大砲強化 進撃の巨人92話対巨人大砲強化

出典:http://jump-netabare.seesaa.net/

 

人間が作った兵器でここまでの威力を発揮できるということは、巨人に対抗する力を開発することができたということ。

92話のナレーションにもありましたが、「巨人が全てを支配する時代は終わりを迎えている」ということなのでしょう。

 

いやぁ〜、それにしても進撃の巨人の展開は予想の斜め上をいきますな!

これからどういう風に展開していくのか、個人的には非常に楽しみなところであります。

 

ハンジが主役のdTVオリジナルドラマ「反撃の狼煙」が超おすすめ

進撃の巨人,反撃の狼煙,dtv,ドラマ,感想

dTVという動画配信サービスが配信している「反撃の狼煙」という作品をご存知でしょうか?

こちらの作品は、調査兵団の主要キャラであるハンジが主役となって描かれた進撃の巨人のサイドストーリー。

dTV完全オリジナル作品となっているので、進撃の巨人ファンでも知らない人もいるかもしれないですね。

「立体機動装置誕生の秘密」などのこの作品の中でしか明かされていない秘密もあるので、進撃の巨人ファンの方はぜひ一度視聴してみてください。

 

スポンサーリンク

関連記事

進撃の巨人92話対巨人大砲強化

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


6 − = 一

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>