【進撃の巨人】アニメ2期を見逃した人に朗報!「dTV」を利用して再放送を楽しむべし!

進撃の巨人アニメ2期dTV見逃し

いよいよ進撃の巨人アニメ2期がスタートとなりましたね〜!!

ただですよ、ただ・・

進撃の巨人のアニメが放送されるのは深夜帯。

おまけに地方によっては放送されない・・という悲しい展開もありますよね。

 

そんなあなたに朗報!!

「dTV」という動画配信サービスを活用すれば、いつでも進撃の巨人2期を見返すことができるので、「今日はちょっと眠いわ〜」と見逃してしまったり、夜に予定が入ってしまったとしても安心。

放送局的に放送されていない地域に住んでいる人でも見逃し配信を楽しむことができてしまいます。

進撃の巨人2期をなんとかして全部見ておきたいという方は、ぜひdTVを活用してくださいませ!

 

進撃の巨人アニメ2期

進撃の巨人アニメ2期dTV見逃し

出典:http://shingeki.tv/

1期の評判がものすごく良かっただけに、アニメ2期は「ファン待望」という雰囲気でしたが、4月1日にいよいよ進撃の巨人アニメ2期がスタートとなりました。

 

Twitterでも進撃2期の話題が盛り上がってますね〜!

https://twitter.com/aidafaruru/status/849457512256602112

 

こちらに進撃の巨人2期情報をまとめておきます。

 

あらすじ

文明を築き上げた人類は、突如出現した“天敵”「巨人」により滅亡の淵に立たされた。生き残った人類は、「ウォール・マリア」、「ウォール・ローゼ」、「ウォール・シーナ」という巨大な三重の城壁の内側に生活圏を確保することで、辛うじてその命脈を保っていた。城壁による平和を得てから約100年後。いつしか人類は巨人の脅威を忘れ、平和な日々の生活に埋没していた。

Wikipediaより引用

 

放送日・放送局

  • TOKYO MX:2017年4月1日より 毎週土曜22:00〜/毎週日曜23:30〜
  • MBS:2017年4月1日より 毎週土曜25:58〜
  • tvk:2017年4月6日より 毎週木曜25:00〜
  • テレ玉:2017年4月5日より 毎週水曜23:00〜
  • チバテレ:2017年4月5日より 毎週水曜23:00〜
  • 群馬テレビ:2017年4月5日より 毎週水曜25:00〜
  • とちぎテレビ:2017年4月7日より 毎週金曜23:30〜
  • テレビ愛知:2017年4月6日より 毎週木曜25:35〜
  • 福岡放送:2017年4月10日より 毎週月曜26:04〜
  • 北海道テレビ:2017年4月6日より 毎週木曜26:05〜
  • 東北放送:2017年4月6日より 毎週木曜26:25〜
  • 中国放送:2017年4月6日より 毎週木曜26:25〜
  • 山陽放送:2017年4月5日より 毎週水曜25:50〜
  • 新潟放送:2017年4月5日より 毎週水曜26:20〜
  • 信越放送:2017年4月7日より 毎週金曜25:55〜
  • テレビ大分:2017年4月5日より 毎週水曜25:59〜
  • 熊本放送:2017年4月16日より 毎週日曜25:50〜
  • IBC岩手放送:2017年4月19日より 毎週火曜25:28〜
  • 静岡放送:2017年4月8日より 毎週土曜26:08〜
  • BS11:2017年4月2日より 毎週日曜25:00〜
  • あいテレビ:放送開始日未定

 

どこまで放送される?

「進撃の巨人2期がどこまで放送されるか」という公式見解は公表されていませんでしたが、1期のときは第25話まで放送され、原作の1巻から8巻まで33話分が放送されました

2期もだいだい同じくらいと考え、33話分が放送されるとしましょう。

原作の66話は、本物の王家であるレイス家との対立シーンとなっています。

あまり話をネタバレしてしまうと、アニメで楽しみにしている人に申し訳ないので詳しくは言いませんが、そこらへんで区切りが良いところまでが放送されるのではないでしょうか?

 

PV

公式サイトにPVも掲載されていたので、こちらもどうぞ!

 

進撃の巨人2期を見逃してしまった人はdTVがおすすめ

進撃の巨人アニメ2期dTV見逃し

出典:http://pc.video.dmkt-sp.jp/

アニメ進撃の巨人は放送時間が深夜帯なので、「本当は見たいけど、その時間はちょっと・・」といった方や、「その日は深夜に予定があって見れないぜ!!」という方もいるかと思います。

そんな方におすすめなのが、dTVという動画配信サービス。

dTVなら、進撃の巨人アニメ2期を毎週日曜の12時に最速で配信してくれますよ。

 

dTVとは

dTVは、作品数・会員数No.1の動画・映像配信サービスです。月額500円(税抜)で、18ジャンル約12万作品を、好きな時にいつでも、スマートフォン、PC、テレビなどでご覧いただけます。

※国内の定額制・見放題作品数において。2016年時点インプレス総合研究所調べ。

dTVより引用

 

月額500円でアニメ・映画・ドラマ・漫画が見放題に

dTVはたった月額500円でお好きな

  • アニメ
  • 映画
  • ドラマ
  • 漫画

が見放題になる動画配信サービス。

 

しかも、dTVは進撃の巨人作品に特に力を入れており、「進撃の巨人アニメ2期」の配信はもちろん、「進撃の巨人実写映画全編・後編」であったり、dTV完全オリジナル作品である「進撃の巨人 反撃の狼煙」という作品も配信しています。

進撃の巨人アニメ2期dTV見逃し

出典:http://pc.video.dmkt-sp.jp/

 

スマホで視聴できるのでいつでもどこでも進撃の巨人を楽しめちゃう

dTVはパソコンはもちろん、スマホからでも視聴することができるので、いつでもどこでも進撃の巨人をはじめとした様々な作品を楽しむことができちゃいます。

夜寝る前のちょっとした時間通勤・通学の電車の中車の中でもアニメを好き放題楽しむことができるサービスとなっています。

 

dTV利用者の声

 

20代男性 この料金でこの充実感はありえない

国内外問わず映画やドラマが好きなので、スマホやタブレットPC等で利用させて頂いてます。細かい空き時間にはバラエティやカラオケ、LIVEも視聴しています。この料金でこの充実感は他では得られないですね。

 

20代女性 レンタルショップに行くことがなくなりました

いつも仕事の休憩中や寝る前に映画やドラマの見逃しを楽しんでいます。最新の映画も見れるのでレンタルショップに行く事がなくなりました。料金も定額なのでレンタルショップより安く、とても助かっています。

 

30代男性 ポイントも貯まるのでお得です

見逃した映画や、懐かしい映画、最新のアニメやドラマなど、思う存分楽しんでいます。レンタル作品は、dポイントを使って観ることができるので、月額費用をオーバーすることなく楽しめるのが良いですね。

 

今なら31日間無料お試し期間キャンペーン実施中

しかも、今なら登録して1ヶ月間は無料お試し期間となるキャンペーンが実施中

なので、とりあえず登録してみて「ちょっと違うな〜」と感じたら、次の継続期間に入るまでに解約してしまえば実質無料でサービスを利用することができるということです。

ちょっとでも興味のある方は、お試し感覚でもいいのでぜひつかってみてください〜!

 

dTVに関するFAQ

 

Q.どのような支払い方法がありますか?

【ドコモ回線契約/spモード契約のある方】ドコモのケータイ料金と合わせてのお支払いとなります。【ドコモ回線契約のない方】クレジットカードでのお支払いとなります。

 

Q.初回31日間無料とはなんですか?

dTVの初回お申込みから月額利用料が31日間無料となります(契約回線1回線につき1回のみ適用)。無料期間中にお客様よりサービス解約のお申出がない場合、無料期間終了後は有料となり、無料期間終了日の翌日が属する月より月額利用料(1ヶ月分)がかかります。

 

Q.月の途中から入会した場合、料金はどうなりますか?

dTVの月額利用料500円(税抜)は 契約日・解約日にかかわらず、毎月1日から末日までの1ヶ月分の料金となります。日割り計算はいたしませんのでご注意ください。

※初回お申込みの場合31日間の無料期間が適用されますが、無料期間終了日の翌日が属する月より月額利用料(1ヶ月分)がかかります。

 

Q.どのようなデバイスで視聴することができますか?

dTVはマルチデバイスに対応!スマートフォン、タブレット、PC、テレビなどでご視聴いただけます。

 

Q.ドコモ以外でも視聴できますか?

dアカウントを取得すれば、ドコモの回線契約をお持ちでない方もご利用いただけます。ただし、お支払方法はクレジットカードのみとなりますので、ご了承ください。

 

まとめ

といった具合で進撃の巨人2期の見逃し配信を見たいのであれば、dTVがおすすめです。

アニメ2期だけでなく、dTVオリジナルの作品まで楽しめちゃうので、進撃ファンならぜひ利用していただきたいサービス。

しかも今なら無料キャンペーン中なので、気軽にご利用できちゃいますしね!

関連記事

進撃の巨人アニメ2期dTV見逃し

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


六 + 7 =

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>