【ワンピース】これぞ王女の姿!ビビの名シーン&名言集6選!

ワンピース,ビビ,名シーン,名言集

ワンピースには様々なキャラクターやエピソードが登場します。それらは多くの読者の心を掴んでいます。事実連載から約20年経過しており、ジャンプの看板作品になっています。

 

今回はビビの名シーン&名言をこれまでのエピソードから厳選して紹介させて頂きます。

スポンサーリンク

ビビの名シーン&名言集6選

 

それがこの船の”最高速度”でしょう!!?

  • コミックス:15巻
  • エピソード:ドラム島編
  • どの場面か:ナミが高熱で倒れた際、アラバスタ王国に向かうべきどうか

Mr.3達との死闘を終え、アラバスタ王国に向かう際のことです。ナミが高熱で倒れます。原因が分からず、立ち往生することになります。その間もアラバスタ王国に危機が迫っています。その際、ビビはアラバスタ王国に向かう前にまず医師を探し、ナミの治療を優先することを決めます。その時の名言が「それがこの船の”最高速度”でしょう!!?」です。自分の事より、まず仲間の事を優先する姿はビビの成長を感じられます。こういった行動は必要になる場面も多く、共感した読者も多いのではないかと思われます。

 

それが一国の王のやることなの!!?

  • コミックス:15巻
  • エピソード:ドラム島編
  • どの場面か:ドルトンからワポルがドラム王国を見捨てたことを聞かされたシーン

ナミの治療のためにドラム王国を訪れた際のことです。ドラム王国には医師が1人しかいないことを知ります。理由はワポルが医師を自分の所に囲い込んだからです。さらに黒ひげ海賊団がドラム王国を襲撃すると、ワポルは医師をつれて逃げ出すといった暴挙に出ます。こういったことをドルトンから聞いた際、ビビは「それが一国の王のやることなの!!?」と言います。ビビの国を想う気持ちが表れている名言ではないかと思われます。この場面は後のアラバスタ王国での戦いなどで大きく響いてくるので、見逃せないシーンとなっています。国を担う指導者を対比する際、優れている場合とそうでない場合を対比する事ができます。

 

こちらこそぶつかってごめんなさい

  • コミックス:16巻
  • エピソード:ドラム島編
  • どの場面か:幼少時のビビがワポルに暴力を振るわれた際

ドラム島編におけるビビの回想シーンです。世界会議に来ていた幼少時のビビは遊んでいた際にワポルにぶつかります。その際、ビビは「こちらこそぶつかってごめんなさい」と言って返します。その後、陰で泣いています。自分の立場も分かっていて、その後の大きな問題を起こさないために大人の対応をしているのが分かります。ワポルの方がビビよりも子供ではないかとも捉えることができます。幼少時から国を担う人間の資質が現れていると言えます。

スポンサーリンク

もうこれ以上…!!!戦わないで下さい!!!!

  • コミックス:23巻
  • エピソード:アラバスタ編
  • どの場面か:クロコダイルが倒れ、戦いを終わらせるよう皆に伝える際

七武海の1人クロコダイルがついに倒され、アラバスタ王国に真の平和が訪れようとしています。それにも関わらず国民達は争いを続けています。その際、ビビが発した台詞が「もうこれ以上…!!!戦わないで下さい!!!!」です。この言葉が国民に聞こえた瞬間、アラバスタ王国の戦いが終結します。王女としての本当の意味での仕事はここではないかと思います。グランドラインに突入して最初の強敵ということも相まって印象に残っている人も多いのではないでしょうか?

 

私はやっぱりこの国を愛してるから!!!!

  • コミックス:23巻
  • エピソード:アラバスタ編
  • どの場面か:ルフィとビビの別れ

ルフィ達がアラバスタ王国を出発する際、ビビに仲間になることを持ちかけます。しかし、王女という立場もあり一緒に旅をすることができません。そこでビビは「私はやっぱりこの国を愛してるから!!!!」と言い、ルフィ達に別れを告げます。こうしてビビの冒険は終わりを迎えます。ルフィ達はそれを分かっていて、黙って左腕を挙げて仲間だということを伝えます。グランドライン前半を盛り上げたビビとクロコダイルはこの後に登場するなど、根強い人気も伺えます。

 

彼は海賊王になる男よ

  • コミックス:45巻
  • エピソード:エニエス・ロビー編
  • どの場面か:ルフィやロビンの手配書を見て

ルフィ達の手配書を麦わらの一味のキーパーソンが見ているシーンがあります。その中にはかつて戦ったロビンの手配書があります。イガラム達はそれを見ると、ビビは悲しむと思っていますが、ビビはそれを何とも思わず「彼は海賊王になる男よ」と返します。ビビも大物に成長した証です。この手配書のシーンを見ると、アラバスタ編だけでなく、ドラム島編などのエピソードも思い出してくるのではないかと思われます。

 

まとめ

今回、ビビの名シーン&名場面を厳選して紹介させて頂きました。いずれも作中屈指の名シーンとなっています。この記事を読んで、少しでもビビやワンピースに興味を持って頂けたらなと思います。

 

スポンサーリンク

関連記事

ワンピース,ビビ,名シーン,名言集

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


× 八 = 72

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>