【進撃の巨人】ベルトルトの名言7選

進撃の巨人ベルトルト名言

進撃の巨人は別冊少年マガジンが創刊されてから今なお人気のある作品です。その証拠にアニメや映画、ゲーム、小説といった様々なメディアミックスが行われ、何らかの形で作品に触れる機会が多いのではないでしょうか?

 

今回は数あるキャラクターの中から、ベルトルトの名言をこれまでのストーリーの中から厳選して紹介させて頂きます。紹介した中には、「おっ!」となるものがあれば幸いです。

スポンサーリンク

ベルトルトの名言

 

悪魔の末裔が!根絶やしにしてやる!

進撃の巨人ベルトルト名言

出典:すごないマンガがすごい! – FC2

  • コミックス:12巻

アニがユトピア区の地下深くで拷問を受けていると聞かされた際に出てきた台詞が「悪魔の末裔が!根絶やしにしてやる!」というものです。ここからベルトルトの怒りが伝わってきます。仲間に対する想いなどが伝わってくるシーンでもあります。作画のインパクトの強さも相まって、印象に残った読者も多いのではないでしょうか?

 

本当に仲間だと思ってたよ!!僕らに…謝るしかくなんてあるわけない…けど…誰か……頼む…誰か…お願いだ…誰か僕らを見つけてくれ

進撃の巨人ベルトルト名言

出典:bokusatsu.com

  • コミックス:12巻

コニーやジャン、ミカサと対峙するシーンで登場した台詞です。自分達の犯した罪の重さから後には引けないという想いが伝わってきます。その後、エルヴィンが登場し、新たなる激突が起きることになります。調査兵団のメンバーの複雑な心境がこの場面では捉える事ができるので、進撃の巨人を読んでいく際は欠かせない部分と言えます。仲間との戦い程、辛いものはないのかもしれないです。

 

そうだよ…ライナー、故郷だ!帰ろう!もう帰れるじゃないか、今まで苦労してきたことに比べれば後少しのことだよ

進撃の巨人ベルトルト名言

出典:festy(フェスティー)

  • コミックス:10巻

ライナーに故郷に帰る事を勧めた際の台詞です。ライナーやベルトルトが超大型巨人という衝撃の事実が明かされるなど物語の大きな転換を迎える部分にもなっています。ライナーの故郷へ帰りたいという想いも相まって、多くの読者に強い印象を与えたのではないでしょうか?この後、エレンとの激戦が始まるなど盛り上がる展開が続々と登場するので、この辺りの話は一度読んでおくことをおすすめします。

スポンサーリンク

体動かすの得意だから…憲兵団の特権階級狙いで兵士を選んだ。それが駄目だったら全部放棄するかもしれない…僕には…自分の意志が無い。羨ましいよ…自分の命より大事なものがあって…

進撃の巨人ベルトルト名言

出典:ランキングシェアトップ

  • コミックス:4巻

エレンやライナーに兵士を志す理由を話すシーンに出てきた台詞です。ライナー達のような明確な理由や信念が無いことに悩んでいた事を吐露します。何か目標に向かう際、その信念や理由といったものは大きな力になります。そういう部分が欠けていたベルトルトはコンプレックスを抱えていたというのが分かるのではないでしょうか?こういった場面は多くの方に陥る可能性があり、何のためにこれを行っているのかというものが無いと、迷走してしまう恐れがあります。そういった意味でも印象に残るものになっていると思います。

 

じゃあ…巨人の恐ろしさも知ってるはずだ、なのに…どうして兵士を目指すの?

  • コミックス:4巻

アルミンやエレンに兵士を志す理由を聞く際に出てきた台詞です。周りの人間と違って、明確なものが無いからこそ、純粋な疑問として聞いたのだと思います。恐らく、なぜこれを目指しているのかといった部分が揺らいだ際、同じような場面に遭遇する可能性もゼロとは言い切れないです。それを踏まえると、ベルトルトの「じゃあ…巨人の恐ろしさも知ってるはずだ、なのに…どうして兵士を目指すの?」という純粋な質問が出てくるのだと思います。

 

もちろん、僕も行くよ

進撃の巨人ベルトルト名言

出典:Pinterest

  • コミックス:9巻

巨人が向かった先にコニーの村があり、駆け付けようとする際の台詞です。コニーの強い意志に動かされ、ライナーに声をかけられた時には「もちろん、僕も行くよ」という一言が出てきたのです。仲間を想う部分が伝わってくるのではないでしょうか?世の中を生きていくためには仲間のために動けるかという部分も左右されますので、多くの読者の印象に残ったのではないでしょうか?

 

正体を明かし兵団に貢献することもできたはずだ…エレンみたいに。でも……そうしなかったのは、それができなかったから……なのか?

  • コミックス:10巻

群がってくる巨人達と巨人化したユミルが戦っている場面で登場した台詞です。エレンは巨人であることを明かし、調査兵団で活躍できるようになったのに対し、ユミルはなぜそうしなかったのか疑問を感じていました。人間は何か行動を行う際、理由が付いてくるものです。そういった部分が明確に分からないからこそ、なぜ?という疑問が出てくるのだと思います。現代社会でも疑問を持つことが求められるからこそ共感を覚えた読者も多いのではないでしょうか?

 

まとめ

今回、ベルトルトの名言を厳選して紹介させて頂きました。この記事を通して、興味を持った方は一度コミックスを手に取ってみてはいかがでしょうか?

 

スポンサーリンク

関連記事

進撃の巨人ベルトルト名言

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


四 − 3 =

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>