【四月は君の嘘】5巻のネタバレを掲載!無料試し読み情報もあり!

四月は君の嘘ネタバレ5巻無料試し読み

コンクール中も母の幻覚に悩まされる公生ですが、乗り越えることができるのでしょうか。この漫画は名言が多いですね。かをりはよくスヌーピーの漫画、ピーナッツの名言を言いますが好きなのかな。

スポンサーリンク

四月は君の嘘の概要

桜の花びら、音楽、そして嘘。君と出逢った日から世界は変わる――母の死をきっかけにピアノを弾かなくなった、元・天才少年ピアニスト有馬公生(ありま・こうせい)。目標もなく過ごす彼の日常は、モノトーンのように色が無い……だが、友人の付き添いで行ったデートが、少年の暗い運命を変える。性格最低、暴力上等、そして才能豊かなヴァイオリニスト……少女・宮園(みやぞの)かをりと出逢った日から、有馬公生の日常は色付き始める!! 胸を打つ青春ラブストーリー!!

 

 

四月は君の嘘の主な登場人物

 

有馬公生

四月は君の嘘,ネタバレ,1巻,無料,試し読み

元天才ピアニスト。かをりと出会い音楽の道をまた歩む。2年ぶりにコンクールへ出場。

 

宮園かをり

四月は君の嘘,ネタバレ,1巻,無料,試し読み

超個性的な演奏をするヴァイオリニスト。公生を音楽の道に導く。破天荒。

 

瀬戸紘子

四月は君の嘘ネタバレ5巻無料試し読み

母の友人。幼少の頃から公生を知る。現在は日本屈指のピアニスト。

 

四月は君の嘘5巻のネタバレ

 

深海

音が聴こえないことにより、だんだんと演奏が乱れてくる公生。幼なじみの渡が地区総体で負けてしまったときの言葉を思い出します。音が聴こえないことを怯える公生に「逆境でこそ、そいつが本物かどうかわかる」「星は夜輝くんだぜ」自分はスターになりそこねたけど思いを公生に託します。今こそその逆境の時ですが、挽回できず音が深海に飲みこまれてゆくような錯覚におちいります。必死にあがきますが、母の幻覚は容赦なく「ピアノはあなた自身なのよ、叩いても叩いても応えてくれないでしょ」と囁きます。母の最後に言ってしまった「死んじゃえばいいんだ」という酷い言葉。やはりこれは罰なのか。もうやめちゃおうかな、とどんどん音に緊張感がなくなっていきます。そして、ついに手を止めてしまうのでした。

 

糸を切った操り人形

ざわめく観客達。しかし当の公生はかをりの伴奏をしたコンクールを思い出していました。かをりは自分の結果よりも公生の為に、演奏を一度止めて弾き始めてくれました。「アゲイン」ともう一度ピアノを弾き出す公生。やはり音は聴こえないので同じような乱れた音になってしまいます。公生はかをりの為にだけピアノを弾きます。自分にカラフルな景色を見せてくれたかをりの為に。すると途端に乱れていた音がきらめき出します。初めは昔と同じ無機質で正確な演奏、そしてバラバラで力任せな演奏、最後は感情をもった美しい演奏と演奏者が変わったかのように変貌する公生のピアノに観客は驚きます。公生はかをりと過ごした日々を思い出しながら弾きます。かをりは聴いてくれた人が自分を忘れないような演奏がしたい、と言っていましたが、公生は「君だけでいいや」とかをりに届くように演奏します。これが本来の公生の演奏なのでしょう。弾ききった公生はまた母の幻覚を見ますが、母親は公生の演奏に微笑んでくれたのでした。やっと自立でき、また公生の時が動き出したのです。

 

悔しい気持ち

三度も演奏を変え、公生の評価は賛否両論分かれました。かをりのコンクール同様、途中で演奏を止めてしまったので、無評価なのですが公生の話題で持ちきりです。特に最後の感情豊かな演奏が今までの公生にないものでした。

コンクールは終わり、帰ろうとする公生の前に母の友人であり、日本屈指のピアニストでもある弘子が娘と共に現れます。公生のことを「凡才」と気軽に呼ぶ紘子公生が赤ちゃんの頃から知っており、母のピアノのスパルタぶり、そして死を近くで見ていたので公生の成長に喜びます。かをりと椿を見て「どっちのコが好きなの?」「ピアノが歌ってたじゃん。君が好きです」と言います。公生は無自覚のようですが愛の告白の様な演奏だったようです。紘子はそのまま嵐のように帰って行きましたが、結果発表は失格でも見るようアドバイスをしていきます。やがて結果が出て武士と絵見はもちろん一次は余裕で通過します。通過して喜ぶ子。落ちて泣いて悔しがる子。公生は悔しいという気持ちもなく泣けずにいました。ただ今日の演奏が今のありったけの自分でまだ旅の途中だと考えます。弾く理由ができた公生は大きく変わったのでした。しかし帰り道、ライバル二人の演奏。周りの応援を思い出し、思わず声を上げがむしゃらに走り出します。自分の中の悔しいという感情に驚きつつも、ただただ走るのでした。

 

師匠

翌日、音信不通になった公生を尋ねて紘子が自宅に来ます。公生は家に帰った後、コンクールの出来が悔しくて夜通しピアノを弾いてぶっ倒れていたのでした。そんな公生に紘子はなぜまたピアノを弾くのか尋ねます。かをりとの出会いで、慣れ親しんでいたはずの舞台に知らない光景があり、それをまた体験したい公生。自分は変なピアニストになりたい、と笑います。公生がピアノに立ち向かうことを決めたことを知り、紘子は先生として協力することにします。弘子が先生となると一気に公生もレベルアップしそうですね。一方、かをりのもとに前回参加したコンクールから招待状が届きます。かをり公生コンビへ主催者推薦という形でガラコンサートという演奏会に参加できることになりました。でも少し不安そうな椿。公生は卒業後、プロになるのなら海外に行く可能性だってありますますし、ますます距離ができてしまいます。ここの三角関係ももどかしいですね。

ガラコンサートに向けて練習を開始する二人。かをりに久しぶりのコンクールはどうだったか聞かれます。みんな何か心の奥底に持っており、個人的な想いに支えられており、自分にはかをりがいた、と答える公生。ほぼ告白ですよね、これ。しかしかをりは「いつもそばにいて助けてあげられるとは限らないんだよ」と呟きます。嫌な予感!6巻に続きます。

スポンサーリンク

四月は君の嘘5巻のレビュー

 

単純に絵の技術の高さによる表現の巧みさもさることながら、漫画的な演出という意味で抜きんでた漫画だと感じられます。音を文字を一切使わずに表現するコマの緩急や、目を中心とした心理描写の絶妙さが、ただでさえほろ苦く、胸を打つ物語を、より顕著に引き立てています。連載雑誌は月刊マガジンなのですが、表現手法的にはLala等の少女漫画的、叙情的な傾向が強く、日常パートでの表現がその淡さをよりいっそう引き立てています。反面、演奏シーンではコマの表現はそのままに、激しい、まるでドキュメンタリーを生で見ているかのような、心臓をわしづかみにされる描写になっていて、その緩急のおかげで、展開的には緩やか(1コンテスト、1演奏に丸々1巻)で有りながら、ダレや飽きと言ったことがないのも好印象です。個人的な好みで言うならお勧めです。

 

「ピアノは奏者の全てを引きずり出すわよ」その言葉通りの内容が、1ページ1ページに展開される様が素晴らしい。有馬のたった一人のための演奏が、読者の心をこれほどまで震わすのは、それの想いが、誰しもが持っている感情を思い出させてくれるからだろう。次の有馬はどんな演奏をしてくれるのか、愉しみでならない。

 

これまでも「ベック」や「のだめ」「ピアノの森」みたいに、音が聞こえる漫画はあったけど、この作品はそれを超えた。音楽室の懐かしい臭い、遠くで聞こえる声、春独特の優しい空気の暖かさ、そのすべてが読者を包む。青春漫画としても屈指の傑作になると思う。

 

四月は君の嘘5巻の感想

公生のかをりを好きな気持ちが眩しすぎました。でも、公生は恋とは思ってないんですよね。じれったすぎる!そして椿が切なすぎる。公生のピアノの師匠として紘子が出てきましたが、公正母の車いすをいつも押していたのは紘子だったんですね。だったら公生母の気持ちもピアニストとしては分かるし、赤ちゃんの頃から公生を知っているので、紘子も苦しかったでしょう。良い師弟関係になりそうですね。最後の最後でかをりが意味深な言葉を言いますが、これからっていう時なのにー!そろそろかをりの病気?について明かされそうですね。6巻ではどんな展開が・・・!?

 

「この作品読んでみたい!」と、思った方は電子書籍を利用するのが便利です。電子書籍ならわざわざ書店に足を運ぶ必要がなく、スマホで今すぐ読むことができるので、この機会にぜひご利用ください。

スポンサーリンク

関連記事

四月は君の嘘ネタバレ5巻無料試し読み

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。