【四月は君の嘘】1巻の内容をネタバレ!無料試し読み情報も掲載!

映画化されるということで話題のこの作品。才能を持つ2人の中学生の恋愛ものです。アラサーには青春が眩しすぎます!!

スポンサーリンク

四月は君の嘘の概要

四月は君の嘘,ネタバレ,1巻,無料,試し読み

出典:nijimen.net

桜の花びら、音楽、そして嘘。君と出逢った日から世界は変わる――母の死をきっかけにピアノを弾かなくなった、元・天才少年ピアニスト有馬公生(ありま・こうせい)。目標もなく過ごす彼の日常は、モノトーンのように色が無い……だが、友人の付き添いで行ったデートが、少年の暗い運命を変える。性格最低、暴力上等、そして才能豊かなヴァイオリニスト……少女・宮園(みやぞの)かをりと出逢った日から、有馬公生の日常は色付き始める!! 胸を打つ青春ラブストーリー!!

 

 

四月は君の嘘の主な登場人物

 

有馬 公正

四月は君の嘘,ネタバレ,1巻,無料,試し読み

元天才ピアニスト。生きがいだったピアノをやめて無気力な毎日を過ごす。

 

宮園 かをり

四月は君の嘘,ネタバレ,1巻,無料,試し読み

超個性的な演奏をするヴァイオエイニスト。公正を音楽の道に戻そうとする。

 

澤部 椿

四月は君の嘘,ネタバレ,1巻,無料,試し読み

公正の幼なじみ。公正とは兄弟のような関係。運動神経抜群。

 

渡 亮太

四月は君の嘘,ネタバレ,1巻,無料,試し読み

同じく公正の幼なじみ。サッカー部部長。女子にモテモテ。かをりの思い人。

 

四月は君の嘘 巻のネタバレ

 

元天才

中学3年の公正は3年前の母の死をきっかけに、数々のコンクールで優勝するほどの腕前だったピアノをやめてしまいます。死んだ母の夢は、公正を世界を飛び回るピアニストにすることで、かなりスパルタな教育を受けていました。どんなに厳しくされても、母が喜んでくれるなら、元気になるならという思いだけでピアノを弾いてきた公正。ピアノしかなかった公正は母の死後、風景がモノクロに見え目標のないまま過ごしています。幼なじみの椿は公正にとって手のかかる姉のような存在で、公正にもう一度ピアノを弾いてほしいと思っています。バイトとして新譜を耳コピして譜面に起こす作業の確認をするため、ピアノを弾くことはあってもまともにピアノは2年も弾いていない、と答える公正。椿は「ピアノを弾いている公正の方がかっこよかったなあ」と名残惜しそうです。公正の時間は、母の死から止まってしまったのでした。

 

友人A

椿のお願いで、同じく幼なじみの渡とデートしたい女の子がいるというのでダブルデートすることになります。その女の子こそ、かをりなのでした。かをりの第一印象は暴力上等、性格最低と印象最悪ですが、かをりを一目見て、今までの見えていたモノクロな世界が色づき出す公正。しかも彼女はヴァイオリニストだったのです。椿は公正を「友人A」として紹介します。その日のデートはかをりのコンクールでの演奏を聴くというもので、嫌々ながら久しぶりにコンサートホールに足を運びます。公正は数年前までは音楽会では超有名人でしたので、すぐに騒がれてしまいます。かをりの演奏はかなり個性的で、楽譜に忠実に演奏していた公正のものとは正反対でした。しかし非常に魅力的でなぜあんなに楽しそうに演奏できるのだろうと羨みます。渡もかをりのことが気に入ったようでした。公正は友人Aという立場ですが、かをりに心惹かれていきます。

 

こういう気持ちをなんと言う?

破天荒な演奏で一次審査突破は難しいと思われていましたが、聴衆推薦で二次審査に上がれたかをり。公正はコンクール以来、かをりのことを考えボーッとしてしまいます。かをりは渡のことが好きで、自分は友人A。渡もかをりのことを気に入っているので(彼女は他にいますが)自分の心に自制する公正。しかし同じ学校なのでやっぱり会うと世界が色づきます。公正は「こういう気持ちをなんと言ったかな」と考えます。恋だよ!と叫びたい・・・!!他の女の子とデートしている渡の代役で、かをりとカフェに行きます。そこにはピアノが置いてあり子供が楽しそうに弾いています。かをりにけしかけられて公正もピアノを弾かされますが、途中から手が止まってしまいます。公正は演奏に集中すればする程、自分の音が聞こえなくなってしまっていたのでした。自分の演奏する音だけ聞こえなくなるのは、母のためだけにピアノを弾き、ピアノを愛さなかった自分への罰だと考える公正。かをりは公正がピアノの天才だったことを知っており、弾けなくなった理由を聞き、それでも弾くことを勧めます。公正は日常の些細なことにキラキラできるかをりを見て「君はそうかもしれない」と答え、こういう気持ちは「憧れ」だと結論づけてしまいます。

 

カラフルな世界

ピアノを弾こうとしない公正に、かをりは半ば無理矢理二次審査のピアノの伴奏に任命します。椿と結託し、昼休みの放送で選曲を延々と流したり、教科書に楽譜を貼ったりとあらゆる手段で勧誘されます。それでも逃げ回る公正。そしてコンクール前日、なぜか病院にむかうかをり。コンクール当日、ばっくれて屋上にいる公正をかをりが迎えに来ます。「ピアノの音が聞こえない、それを言い訳に逃げこんでいるだけじゃない」とずばり言われてしまいます。公正は音が無くなったピアノと二人きりになるのが怖いと打ち明けます。それを聞き「私がいるじゃん」と不敵に笑うかをり。また世界が色づきます。改めて伴奏の依頼をするかをり。「私をちょっぴり支えてください。くじけそうになる私を支えてください」と頭を下げます。その目には涙が流れていました。公正は伴奏を引き受けます。そこに椿と渡が現れ、皆で自転車に乗りコンクール会場へと向かいます。メチャクチャ青春――!

スポンサーリンク

四月は君の嘘1巻のレビュー

 

アニメから見たけど、漫画もおもしろかった〜前半は、音楽漫画でよくありそうな感じだったのに、後半いっきに感動系になりましたね!登場人物の言葉がとてもいい言葉で、胸に響きました。そしてやっぱり、演奏シーンかっこ良かったです(*^^*)ピアノやりたくなったなあ〜(笑)

 

コマ割りと演出が抜群にうまい。ただ、物語がシンプル過ぎるのがなぁ。あと、すべてがきれいすぎるのが、ちょっと気になる。この漫画家さんの他の作品も読んでみたいと思った。

 

続きが気になってしまって、続巻も即購入。話の流れはなんとなく想像できる感じだけど、絵も結構好き。おススメします。最近知ったことでは、作者、ヘビメタ好きなのに、クラシックのお話書いてるっていうギャップにも、うけました。ただ、続巻まで読んでも、現在発行済み既刊においついているので、続きが気になってもすぐに新刊が出ない、、ですね。

 

四月は君の嘘1巻の感想

音楽漫画は最近結構出てきていますが、絵柄も今風でサクサク読めました。まだ公正の演奏シーンが出てきていないのでどういう風に描かれるのか楽しみです。音楽プラス恋愛要素満載のこの作品ですが、登場人物が中3なのにメチャクチャ大人です!公正は今のところかをりへの感情が憧れと思っていますが、恋でしょ恋!と思っている読者は沢山いるはず!この2人の恋模様も気になります。2巻に続く!

 

「この作品読んでみたい!」と、思った方は電子書籍を利用するのが便利です。電子書籍ならわざわざ書店に足を運ぶ必要がなく、スマホで今すぐ読むことができるので、この機会にぜひご利用ください。

スポンサーリンク

四月は君の嘘,ネタバレ,1巻,無料,試し読み

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。