【ちいさいひと】4巻の内容をネタバレ

ちいさいひと4巻内容ネタバレ

子供への間違った愛情が時に虐待に向かってしまいます。正しい愛し方に導くのも児童福祉司の仕事です。今回は児童福祉司、保育士の役割にも注目です。

スポンサーリンク

ちいさいひとの概要

増え続ける児童虐待。すべての子どもたちの幸せのため、駆け出し児童福祉司の相川健太は今日も奮闘する! サンデーでのシリーズ連載開始以来、大きな反響を呼んだ真剣ドラマシリーズが、ついに単行本化!! その命を救うため、その笑顔を取り戻すため、日々戦う大人たちがここにいる!

 

 

ちいさいひと4巻のネタバレ

親のひいたレールから外れると罰が与えられる「教育虐待」近年増えている虐待の1つです。健太はどう立ち向かっていくのでしょうか。

 

保護された少年

朝の交通ボランティアに参加している健太は気になる少年を発見します。半袖ばかりの子供達の中で1人長袖の子。先生にそれとなく尋ねるとその子は、クラスの中でもリーダー的存在の元気いっぱいの少年、蓮。何かが引っかかりその後も様子を見ていてもらうと、蓮に虐待受けている疑惑が出てきます。健太自身も虐待経験者なので子供のSOSに敏感ですが、ここまで凄いとは・・・。両親に子供との面会を拒否され続けたため、小学校まで迎えに行き虐待の可能性を調査することになりました。放課後、話を聞こうと先輩福祉司の大場と健太が面会をしますが、ソワソワ落ち着かず怯えた様子の蓮。そんな蓮を見て健太は「何があってもオレが蓮君を守るから」と約束します。結局、体中の沢山の傷が確認され虐待は決定的となりました。

一方、帰宅する蓮の父。帰るなりおもちゃが散らかっている、自分が出した宿題が終わっていないと靴べらを振り回しブチ切れます。普通じゃありません。母は我関せずでママ友の夫の出世の話ばかり。これも立派な育児放棄ですね。そこへ児童相談所から電話が入り2人は一時保護の連絡を受けます。一時保護をする際、両親への報告と同意が必要ですが、同意は得られず児童福祉法に基づき蓮は無事一時保護されました。

 

それぞれの役割

蓮の両親は一時保護されたことで反省するのではなく、世間体を気にして焦りまくります。子を思う気持ちは全くなく、自分達のことだけ考えて次第に父親は追い込まれていきます。無事保護されたものの、環境に慣れない蓮。保育士の長澤は蓮に寄り添います。しかし、蓮は甘えからか長澤がいる時だけわざと我が儘を言い、試し行動をするようになります。それを長澤は嫌われているからと思い、蓮がハサミを振り回し友達にケガをさせようとしてしまった場面でも叱れませんでした。そんな長澤を健太は厳しく責めてしまいます。福祉司が命懸けで保護した子達を一時保育士の長澤が面倒を見てくれないと困る、と言う健太。一時保育で預かる期間は最短で一日、最長で2ヶ月と非常に短く、その中で何ができるか子供達とどう接したら良いかと長澤は悩みます。一時保護所で働いた経験のある大場は保育士の仕事は種をまく仕事だとアドバイスします。自分の行動、言動が接する子の為になることを信じて種をまき続けるのだと。

 

ちいさいひと

また健太も副所長の藤井にアドバイスをもらいます。子供は上手く自分の感情を表現できないだけで、大人や周囲のことをよく見ている「ちいさいひと」であると。だから一人の人間として接し、心を開いてもらうのはどれだけ本気で向き合っているか心で伝える必要があるのです。ここでこのシリーズの主題である「ちいさいひと」というキーワードが出てきました。虐待を取り扱っている作品ですが、子供達にも勿論、1人の人間として幸せになる権利があるという訴えでしょうか。

子供達を救う児童福祉司も、その後のケアをする保育士も「ちいさいひと」を守るためお互い欠かせない存在です。

 

歪んだ愛情

世間体を気にし自分を見失った蓮の父が、蓮を連れ戻しに相談所に現れます。一時保護中は両親であっても面会はできません。健太はカウンセリングを提案しますが父親の態度が豹変します。健太が持っていたカッターナイフを振り回し威嚇します。健太はその姿が虐待を受けた母親とかぶり、フラッシュバックを起こし動けなくなります。ここで健太を動かしたのは、蓮と約束した「絶対守る」という言葉。蓮は過去の自分を乗り越え蓮の救出に向かいます。蓮は父親に怯え諦め、大人しく一緒に帰ろうとしますが賢明に蓮を守ろうとする健太と長澤の姿を見て「帰りたくない」と本音が言えます。虐待をするような親でも子供にとって絶対的な存在なので、蓮が本音が言えたことはすごい成長なのです。

一ヶ月後、蓮の退所が決まりました。やはり両親と離れて児童養護施設で過ごすようです。だいぶ元気になり元の活発な少年に戻りつつありますが、急に退所を嫌がる蓮。長澤は保育士は種をまく仕事、という言葉を思い出し優しい言葉ではなく、「嫌なことから逃げてたらこの先ずっと逃げなきゃいけなくなっちゃうよ」と喝を入れます。確かに蓮はこれから向き合わなくてはいけないことが沢山あります。それらに自分で心の決着がつけられ、初めて蓮の本当の未来が始まります。

スポンサーリンク

ちいさいひと4巻のレビュー

 

『どんな親の元に生まれた子どもでも、どんな環境にある子どもでも、幸せになる権利があるんだ。』読友さんよりお借りした一冊。ルポタージュの本も好んで読んでいて、その延長上で虐待を扱ったのルポタージュも読んだこともある。活字でも衝撃的だったけど、漫画だと視覚にも訴えてくるからショックが大きい。辛い思いをする子供が一人でも少なくなればいいな。

 

児童虐待などに関する仕事に就きたくて、参考文献としてよみました。 目を背けちゃいけない事は分かってるけど、背けたくなるほど過激。 自分勝手な親、むかついたから、なついてくれないから手を上げる・・・ そんなことがあってはほしくないのに実際事件である。子供を救うため主人公たちは子供を救う方法を考えてる。 現実でも、少しでも虐待なくせればいいと思う

 

虐待を受けた子どもの絵がわりと過激だったので、敏感な人にはおすすめしません(汗)ですが、親の虐待が怖い以上に児童福祉司の主人公がアツい人なので、読後感は良かったです。児童虐待に興味がある自分としては面白かったです。

 

ちいさいひと4巻の感想

今回は虐待のシーンはほとんどありませんでしたが、父親の逆上ぶりは軽く恐怖でした。子供の人生は子供のもの。親が強要すべきことではありませんし「ちいさいひと」にも人生を考え生きる権利があります。でもこういった教育虐待て本当に増えてきていますよね。無意識のうちにそうなってしまうかもしれないし、知識としてこういうこともあると知れて良かったです。初め、なぜこの作品が少年サンデーで掲載なんだろう?と思っていたのですが、納得です。知ることは凄く大切なこと。特に若い人ほど読んでほしい作品です。

 

「この作品読んでみたい!」と、思った方は電子書籍を利用するのが便利です。電子書籍ならわざわざ書店に足を運ぶ必要がなく、スマホで今すぐ読むことができるので、この機会にぜひご利用ください。

スポンサーリンク

関連記事

ちいさいひと4巻内容ネタバレ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。