【ワンピース】プリンは裏切り者?その正体は三つ目の女の子?

ワンピースプリン三つ目正体裏切り

ワンピースに登場するビックマムの娘の一人であるシャーロット・プリン。サンジの婚約者として登場したキャラですが、ビックマム側というわけではなく、ルフィたちに協力するような姿勢を示しています。しかし、プリンの正体に関する有力な情報をキャッチしてしまいました。

スポンサーリンク

サンジの婚約者シャーロット・プリン

ビックマムがジェルマ66を傘下に引き入れるためにサンジの婚約相手と選んだのが、シャーロット家53女のシャーロット・プリン。

ワンピースプリン三つ目正体裏切り

出典:http://yamakamu.com/

 

見ておわかりの通り・・・

めちゃめちゃ可愛いですww

 

プリンとの結婚を断れるサンジの精神力が凄まじいわ。俺だったら例え仲間がいたとしても多分プリンのほうに・・w

ちなみに「カラメル」というカフェのオーナーでお菓子まで作れるということでもう完璧すぎる結婚相手です。

ワンピースプリン三つ目正体裏切り

出典:premiumcool.net

 

プリンはルフィたちに協力的?

すでにプリンに会っていたサンジは、プリンとの結婚を直接断っていたようです。

ワンピースプリン三つ目正体裏切り

出典:mudasure.com

 

そして、サンジとの結婚を諦めたプリンは、ルフィたちに協力的に動いてくれ、

  • ビックマムの知らない航路を案内してくれる
  • ホールケーキアイランドの南西の海岸にサンジを連れて行ってくれる

といったことをしてくれるそうです。

 

プリンちゃん、可愛いだけじゃなくてどれだけ良い子なんだ!!

しかし!

実は、プリンにはこんな噂があるんです。

スポンサーリンク

プリンの正体は三つ目の女の子!?

サンジとの結婚を諦め、ルフィたちに協力的に動いてくれるように思えるプリンですが、「その正体が怪しい」という噂が流れています。というのもこちらのシーンをご覧ください。

ワンピースプリン三つ目正体裏切り

出典:manga-fukayomi.hateblo.jp

 

これは651話でビックマムが初めて登場したシーンですが、そのときに三つ目の女の子が描かれています。そして、もう一度プリンの顔を見てみてください。

ワンピースプリン三つ目正体裏切り

出典:one-piece-manga.com

 

あれ?プリンちゃん三つ目の子とそっくりじゃ・・?もっとわかりやすいように2人の顔を並べてみましょう。

ワンピースプリン三つ目正体裏切り

出典:onepiece-log.com

 

いや、完全に同一人物やないかーいww

 

極めつけはこちら。

ワンピースプリン三つ目正体裏切り

出典:onepiece-log.com

 

どちらも肩にゼリー状の生物が乗っています(ちなみにこの生物の名前は「ニトロ」)。ということでプリンと三つ目の女の子は同一人物であることが確定です。

 

てことはですよ・・

プリンって絶対良い奴なわけがなくないっすか!!?

 

麦わらの一味の行動が筒抜けなのはプリンの裏切りが原因?

ワンピース835話で、ビックマム家の一人であるシャーロット・ブリュレから麦わらの一味の行動は、すべてビックマムに筒抜けであることを告げられました。

 

ブリュレ

「お前達の存在はもう“ママ”にバレてんだよ!!!」

 

ブリュレ

「潜入でもしてるつもりだったかい!? おめでたいね」

「アタシ達は全員ママの命によってアンタらを狙ってんのさ!!!」

 

つまり、麦わらの一味がどこに向かったのかを知っており、ビックマムと連絡が取れる人物がいるということだと思うのですが、もう確定でしょう。

確実にプリンの裏切りによるものでしょうw

ワンピースプリン三つ目正体裏切り

出典:onepiece.ria10.com

 

プリンの正体が三つ目の女の子だということはほぼ確実なので、まあプリンはビックマム側だと思います。その正体がどのタイミングで明らかになるのかが気になるところですね。

しかしです。

「あれだけ可愛かったら裏切られてもいいよね」そう思ってしまったのは私だけでしょうか?

 

スポンサーリンク

関連記事

ワンピースプリン三つ目正体裏切り

1 個のコメント

  • 匿名 にコメントする コメントをキャンセル

    メールアドレスが公開されることはありません。


    − 6 = 一

    次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>