【キングダム】李牧のモデルとなった中国の史実に実在とはいったい?

キングダム李牧中国史実モデル実在

キングダムの登場人物の一人である李牧。趙軍の最強の武将の称号である「三大天」の一人で、非常に知略に優れた武将として活躍しています。

そんな李牧には、実在するモデルが史実で描かれていたことがわかっています。実在の李牧はいったいどんな人物だったのでしょう?略歴や人物像をこちらにまとめておきました。

スポンサーリンク

キングダムの李牧

キングダム李牧中国史実モデル実在

出典:kingdom-dvd.jp

 

圧倒的知略を誇る中華一の軍略家

李牧といえば、趙軍の最強の武将である「三大天」の武将で、圧倒的知略を誇る大軍略家です。中華最強の軍略家といっても過言ではないでしょう。実は、知略だけでなく、歴戦の武将であることも明らかになっています。

 

王騎をも上回る策略を打つ

秦と趙の戦いにて、終盤で4万の兵を率いて秦軍の前に現れるという王騎をも上回る策略を披露しました。この戦いの後に李牧の名前が中華全土に響き渡ることになります。

 

対秦国合従軍を率いた総大将

強大化する秦の勢力を止めようと秦国以外の国が結託し、合従軍を結成しましたが、そのときに各国に呼びかけたのが李牧です。李牧ほどの実力があったからこそ合従軍が成立したのでしょうね。

スポンサーリンク

中国の史実に登場する李牧はこんな人物

キングダム李牧中国史実モデル実在

出典:sakanouenokumo819.blog46.fc2.com

李牧は、中国春秋戦国時代の趙国の武将で大将軍であった。「守戦の名将」として知られていたそう。

 

元々は北方の長官にて匈奴の大軍を打ち破る

李牧は、元々は北方の長官で、国境防衛のために独自の地方軍政を許され、匈奴に対して備える任についていた。匈奴の攻撃に対して、徹底的な防衛・篭城の戦法を採ることで、大きな損害を受けずに、安定的に国境を守備していたそう。「匈奴が略奪に入ったら、すぐに籠城して安全を確保すること。あえて討って出た者は斬首に処す」といっていたそうで、この人物像が「無闇な殺生をしない」というキングダムの李牧に反映されているわけですね。

匈奴が大軍を率いてきた際、李牧は伏兵を置き、左右の遊撃部隊で巧みに挟撃して匈奴軍を討つという戦略で迎え撃ち、匈奴軍10万の騎兵を打ち破った。この史実もキングダムの設定に反映されていますね。

 

斜陽の趙を守る

名将を失っていた趙は、長平の戦いで秦に大敗し、衰亡の一途をたどることに。そんな中北辺の功が認められた李牧は、大将軍に命じられ中央に召還される。

紀元前233年、秦は趙の赤麗および宜安を攻めたるものの、李牧がこれを打ち破る。ちなみにこのときに宜安を攻めた桓騎を討伐しています。これは今後のキングダムの伏線となっている可能性大ですね。

【キングダム】実在の桓騎の最後は死亡!?李牧に大敗するという歴史が!

2016.08.02

 

さらに、紀元前232年、秦は趙の番吾を攻めるものの、再び李牧がこれを返り討ちにする。また、秦から韓、魏の国境まで領土を奪還することにも成功する。このように、史実の李牧は非常に多くの功績を世に残しています。キングダムの李牧の圧倒的なイメージとぴったりで安心しましたね〜。

 

悲劇の死を遂げる

紀元前229年、秦の王翦、楊端和、羌瘣が大軍で趙を攻めた際、三度李牧が立ちはだかる。李牧に苦戦した秦は、李牧を排除するために、趙の王の側近に賄賂を送り、「李牧が謀反を企てている」と王に伝えさせた。すると、趙の軍事を掌握していた李牧を恐れた趙王は、李牧を更迭しようとするものの、李牧がそれを拒否。最終的には趙王に捕らえられ、誅殺されるという形で李牧は死んでいった。李牧を失ったことで、秦に対抗できる人物は趙からいなくなっていた。李牧が殺害されてから、たったの3ヶ月で趙は滅んでいったそうだ。

「秦の策略で趙王に抹殺される」という史実は面白いですね。もしかしたら今後のキングダムでこれは大きな伏線となるかもしれませんよ。

 

李牧は、かなり史実を基にして作られたキャラだということがわかりました。史実の李牧は、悲劇的な最後を迎えたようですが、キングダムの李牧はどうなるのか楽しみなところですね。

 

スポンサーリンク

関連記事

キングダム李牧中国史実モデル実在

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


2 × = 十六

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>