【ワンピース】ジェルマ66には元ネタがあった?トランプのゲームがモデルに!?

ワンピースジェルマ66モデル元ネタトランプ

今のワンピースの中心として描かれているジェルマ66。科学的武器を用いながら、戦争を請け負う「戦争屋」として名の通った組織で、サンジ絡みで今注目されています。

そんなジェルマ66には、実はモデルとなる元ネタがあったということをご存知でしたか?あくまで噂でしかありませんが、ジェルマ66にはモデルとなった元ネタがあると話題になっているのです。

スポンサーリンク

「科学戦闘部隊」ジェルマ66

ワンピースジェルマ66モデル元ネタトランプ

出典:onepiece.ria10.com

ジェルマ66に関して、作中で判明している情報がこちらです。

  • ジェルマ王国が有し、今もなお世界に恐れられる軍隊
  • 別名“戦争屋”
  • 一般的には空想上の“悪の軍隊”とも言われている
  • 科学戦闘部隊
  • 組織のトップがサンジの家系“ヴィンスモーク家”
  • “ジェルマ66”は、“海の戦士ソラ”という絵物語に出てくる敵役
  • “海の戦士ソラ”は、海軍の英雄たちの実話を元に創られた物語で世界中にファンがいる
  • 手を変え、品を変え、毎度ソラを追い詰める悪の軍団“ジェルマ66”

スポンサーリンク

ジェルマ66の元ネタとなったモデルについては諸説あり

「ジェルマ66ってこれが元ネタなんじゃない?」という予想がいくつかあったので、現状挙がっている候補をこちらにまとめておきます。

 

マルタ騎士団

ワンピースジェルマ66モデル元ネタトランプ

出典:takashi1016.com

  • 領土を持たないが、主権実体として外交関係にある国がたくさんある
  • 正式名称は“ロードス及びマルタにおけるエルサレムの聖ヨハネ病院独立騎士修道会”と書いてあるように、病院を有している組織(今回のレイジュさんの行動(治療)に通ずる?)
  • オブサーバーの資格(会議での議決権理はないが参加できる)を持っていて、国連にも参加できる

「領土を持たない」というのが、ジェルマ66の「国土を持たない海遊国家」という設定の元になっている感じはありますね。

 

ガッチャマン

ワンピースジェルマ66モデル元ネタトランプ

出典:blogs.yahoo.co.jp

  • 熱血リーダー
  • クールなNo.2
  • 美しく優しい紅一点
  • 最年少のムードメーカー
  • 気の優しい力持ち

ガッチャマンといえば、「科学忍者部隊」。ジェルマ66の「科学戦闘部隊」という異名にドンピシャですね。ジェルマ66の中心キャラであるレイジュやヨンジ、また、イチジやニジは、ガッチャマンのような戦隊物と似た空気を感じます。

 

仮面ライダー

ワンピースジェルマ66モデル元ネタトランプ

出典:www.hulu.jp

「科学戦闘部隊」ということで真っ先に思い浮かんだのが仮面ライダーではないでしょうか?ヨンジらヴィンスモーク家の人間は、「改造人間説」が出ているので、そこらへんのネタも仮面ライダーとリンクしてきますね。

 

トランプのゲーム

ワンピースジェルマ66モデル元ネタトランプ

出典:www.dai-tora.com

17世紀中世ヨーロッパで発祥となったトランプを使ったゲームに「トリックテイキングゲーム」というものがあります。お互いが順番にカードを引いていき、勝ち点にたどり着いたほうが勝ちという非常に単純なゲームなのですが、その勝ち点が66。ジェルマ66の「66」と一緒ですね。「ドイツ発祥」というのも、ナチスのヒトラーを彷彿させ、戦争のイメージを掻き立てるため、このゲームからジェルマ66という戦争屋を描こうとした可能性は十分あると言えますね。

 

ジェルマ66の今後に注目

ワンピースジェルマ66モデル元ネタトランプ

出典:onepiece-log.com

ジェルマ66にはまだまだ秘密がありそうなので、これからますます目を離すことができません。ジェルマ66のボスであり、サンジの父親であるジェッジが登場しましたが、サンジはジャッジのことをかなり憎んでいる様子でした。いったいなぜサンジはジャッジのことを憎んでいるのか、その理由も気になるところです。

 

スポンサーリンク

関連記事

ワンピースジェルマ66モデル元ネタトランプ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


− 4 = 零

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>