【キングダム】483話のネタバレで桓騎の圧倒的戦略が明らかに

キングダムネタバレ483話

キングダム483話のネタバレにて、桓騎軍VS慶舎軍の黒羊の戦いが終わりを迎えました。蓋を開けてみると、桓騎が趙軍より一枚も二枚も上をいっていた結果となりましたね。

スポンサーリンク

キングダム483話の見どころをネタバレ

 

桓騎の策

483話で、桓騎が紀彗に仕掛けた策の全容が明かされます。

桓騎の策は、大軍で離眼城を攻め、紀彗たちを丘から引きずり下ろし、その隙に伏せていた飛信隊や桓騎の軍で丘を占領するという作戦でした。

「本当に紀彗は桓騎軍を追って、丘を下るのか」と信は疑っていましたが、桓騎の読み通り、紀彗軍は桓騎軍を追い、丘を下ります。

キングダムネタバレ483話

出典:http://jump-netabare.seesaa.net/

 

紀彗軍が丘を下ったことで、丘を占拠している軍は金毛、岳嬰が率いる慶舎軍。しかし、紀彗の軍が丘を下ったということで、およそ半分の数は丘を下ったことになります。

序盤こそ、地の利を活かして趙軍が優勢に戦っていましたが、飛信隊&ゼノウ一家によって砦を突破され、趙軍は徐々に撤退していく。

キングダムネタバレ483話

出典:http://jump-netabare.seesaa.net/

 

武将である金毛や岳嬰も撤退し、趙軍は黒羊から完全撤退。これでこの戦いにおける桓騎軍の勝利が確定します。

キングダムネタバレ483話

出典:http://jump-netabare.seesaa.net/

 

紀彗軍が丘から下りたことを確認した桓騎軍は、十分引きつけたうえで戦うことなく四方に分散し、逃走。離眼城を襲うことなく、悠々黒羊の丘に帰還します。

 

帰還する桓騎を厳しい表情で見つめる信。そして、この戦いの前に桓騎に言われた言葉を思い出す。

桓騎

『いい機会だ』

『ここで大人の戦いを覚えていけ 飛信隊』

キングダムネタバレ483話

出典:festy.jp

スポンサーリンク

桓騎の圧倒的な軍略

桓騎の策略の全貌を知り、改めて桓騎のとんでもなさを痛感するテンや信。

キングダムネタバレ483話

出典:http://jump-netabare.seesaa.net/

河了貂

「那貴達にも少し手伝ってもらって 戦の全容が大分見えてきた」

「そしたら 桓騎のどんでもなさが浮き彫りとなった…」

 

河了貂

「黒洋戦四日目にあたる昨日 飛信隊(オレ達)が慶舎を討とうとしていた頃…」

「桓騎はすでに“標的”を慶舎から紀彗に移していた」

 

河了貂

「それで特別な拷問係を呼んで 捕えた離眼兵から“紀彗の過去を全て”聞き出した」

「そして紀彗と離眼城の関係を知った桓騎は…」

「四日間 両軍が必死に繰り広げていた丘取り合戦をいきなり止めて 全兵を中央丘から下ろしてそれを趙軍にあけ渡した!」

 

河了貂

「そして趙軍に丘の“砦化を進めさせる”一方で」

「桓騎は黒洋の村焼きを行い“一般人の”死体を集めた その死体を紀彗に見せて脅したんだ」

「“離眼を同じ目に合わせるぞ”と」

 

河了貂

「それで紀彗は自ら丘を捨てて離眼救出に向かい……趙軍は敗れた」

「じゃ じゃあ結果的に あの村焼きのおかげで秦軍が勝ったことに…」

河了貂

「昂の言う通り “それで”勝ったんだ」

 

河了貂

「戦争四日目で大局も動き いよいよ どう丘を攻略するかと軍略家なら前のめりになるところで」

「桓騎は丘ではなく紀彗一人を的にした戦いに切り換えた」

「そして村人達の死体を“必殺の武器として”紀彗の弱点をえぐり丘から引きずり落ろして…」

「黒洋戦を勝利に導いた…」

 

そして、ある意味昌平君や李牧でも真似できない戦い方だと言うテン。

河了貂

「こんなの…軍略でも戦術でもない…」

「こんな勝ち方…」

「昌平君でも李牧でも決して真似できやしない!」

 

しかし、この戦い方だったからこそ圧倒的な勝利を得ることができたのも事実。

那貴

「だが真似できない分 こんな圧勝劇もお頭ならではだ」

河了貂

「……」

那貴

「この丘は獲ってからの砦化も難題だったが お頭はそれもまんまと趙軍にやらせて完成に近い状態で手に入れた」

 

さらに、戦死者も戦前の予想の半分以下に収めての勝利だったそう。

河了貂

「そして何よりも“数”だ」

「消耗戦となるはずだった丘取り合戦を止めたおかげで戦死者も数が開戦前の予想の……」

「”半分以下”だったんだ!!」

 

結果だけ見ると、李牧や昌平君でも決して真似することができない大軍略家以上の成果で勝利した桓騎。

河了貂

「“結果だけ見れば”大軍略家の出せる以上の結果だ…」

「ちょっと待て あんなふざけたヤロォが李牧以上とでも言うのかよ」

 

桓騎の圧倒的カリスマ性がにじみ出る桓騎ファンにとっては神回となる回でしたね。気になるのはなぜ桓騎がこのような常人では思いつかないような策略を次々繰り出していけるのかということです。恐らく、野盗時代に培われた天性の発想から生まれる戦略なのだと思います。桓騎の過去が描かれることがあれば、そこらへんの秘密も明らかになりそうですね。

今回の黒羊の戦いで改めて桓騎の強さを思い知らされることになりましたね。何が起ころうと微塵も焦りを見せない桓騎ですが、桓騎の策略を突破するキャラは今後登場するのでしょうか?自身満々の表情で常に戦局を支配する桓騎が、自身の策が破られたときにどんな反応をするのかもちょっぴり見てみたいところです。

 

スポンサーリンク

関連記事

キングダムネタバレ483話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


− 八 = 1

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>