【東京喰種:re】83話のネタバレで永近(ヒデ)のタレコミがあったことが判明

東京喰種:reネタバレ83話永近タレコミヒデ生きてる

東京喰種:83話のネタバレで、久しぶりにあの男の名前が登場しました。あの男がどのタイミングで登場するのかかなり気になるところですね。

スポンサーリンク

83話で久しぶりに永近(ヒデ)の名前が登場

83話にて、ついに和修家の正体を突き止めた丸出特等。

東京喰種:reネタバレ83話永近タレコミヒデ生きてる

出典:http://onepiece-naruto.com/

 

丸出が和修家の正体を暴けた理由はこのように説明していました。

「俺なりに『和修』を洗わせていただきました」

「食事やすべての行動 不審な点がないか洗いざらい…」

「怪しい所はひとつもなかった」

「”ただ一点を除いては”」

「『ゲート』に『ある仕込み』があるってタレコミがありましてね」

「クインケの誤反応を避けるシステムが──特定の個人に対しても行われていると」

「詳しいヤツに頼んで調べました」

「……”システム”がいつ反応しているか」

「…反応していたのは、有馬貴将をはじめとする0番隊の『庭出身者』」

「Qs班所属 シャオ・ジンリー」

「そして……和修家のあなた方が通過するとき」

「和修家は『喰種の協力者』じゃねえ…『喰種そのもの』だ」

 

「『ゲート』に『ある仕込み』があるってタレコミ」をしたのが「永近(ヒデ)」だったということも83話の中で明らかになっています。

(お前の”タレコミ”通りだったぜ……”永近” ……──)

東京喰種:reネタバレ83話永近タレコミヒデ生きてる

出典:http://onepiece-naruto.com/

 

このように、「CCGのRcゲートに仕掛けがある」というタレコミをしたのは永近だったということがわかりました。いったいなぜ永近がRcゲートの秘密を知っていたのでしょうか?

スポンサーリンク

なぜ永近(ヒデ)はRcゲートの秘密を知っていたのか?ヒデの正体とは?

東京喰種:reネタバレ83話永近タレコミヒデ生きてる

出典:xn--1lqw4oypfpnnmzw75h.xyz

気になるのはなぜ永近がRcゲートの仕掛けを知っており、和修家の正体に気づいていたのかという点です。今回の件でヒデの正体に関する予想がいくつか挙がっていたので、こちらにまとめておきます。

 

永近も庭の人間説

単純に「永近も庭の人間なのでは?」という予想が一つ。確かに、もともと庭出身の人間であれば、Rcゲートの構造を知っているはず。

ただ、庭の人間であれば、CCG側の人間がもともと知っているはずなので、CCGにバイトとして潜入することはできなかったのでこれはないでしょう。

 

名が時(ちか)説

これは非常に面白い予想。ヒデの名前は永近英良(ながちかひでよし)。

83話で和修吉時の元の名前?が「和修時(ちか)」だということがわかりました。

東京喰種:reネタバレ83話永近タレコミヒデ生きてる

出典:http://onepiece-naruto.com/

永近→ながちか→名がちか(時)。なにやら和修吉時との関係性を匂わすような名前。ヒデはいったい何者なのでしょうかね?

 

永近(ヒデ)は生きてるのか?それとも死んでいる?

東京喰種:reネタバレ83話永近タレコミヒデ生きてる

75話のカネキの回想に登場したヒデの口ぶりだと、どうやらヒデはカネキに食われ、死亡しているように思えます。

ヒデ

「カネキ」

「”誰かの為に『かっこよく死ぬ』命を賭ける”? だっけ?」

「バァカ」

「あのときオレは、『お前と生きたい』と思ったんだぜ」

「聴こえるまで言ってやる──」

「かっこ悪くても、いきろ。」

 

ただ、このタイミングで「永近のタレコミで和修の正体が明らかになる」という描写が描かれたの、今後どこかのタイミングでヒデが登場する可能性はかなり高いでしょう。というよりこのままヒデの正体が明らかにならないままということはほぼ100%ないと思います。

ヒデがどのようなタイミングで登場するか非常に気になるところですね。

 

知られざる有馬の過去が判明!?

004.480x480-75-4

 

スポンサーリンク

関連記事

東京喰種:reネタバレ83話永近タレコミヒデ生きてる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


2 − 一 =

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>