【東京喰種:re】83話のネタバレでクインクスのシャオが白日庭出身の半人間だと判明

東京喰種:reネタバレ83話クインクスシャオ喰種

東京喰種:re83話のネタバレで、あるヤバい情報が明らかになりました。それは、現クインクスメンバーの一人である「シャオ」もRcゲートに反応があった人物だったということです。この情報にはさすがにビビってしまいましたが、はたして真相はどうなっているのでしょうか?

スポンサーリンク

83話でシャオがRcゲートに反応していたことが判明

83話で和修家のことを調べるために丸手がRcゲートのシステムを調査したところ、このようなことが明らかになりました。

「『ゲート』に『ある仕込み』があるってタレコミがありましてね」

「クインケの誤反応を避けるシステムが──特定の個人に対しても行われていると」

「詳しいヤツに頼んで調べました」

「……”システム”がいつ反応しているか」

「…反応していたのは、有馬貴将をはじめとする0番隊の『庭出身者』」

「Qs班所属 シャオ・ジンリー」

「そして……和修家のあなた方が通過するとき」

「和修家は『喰種の協力者』じゃねえ…『喰種そのもの』だ」

 

この中に、クインクス所属のシャオ・ジンリーも含まれていました。ここにきてまさかのシャオが含まれているとは驚きの展開となりましたが、彼女はいったい何者なのでしょうか?

 

実は白日庭出身だったシャオ・ジンリー

東京喰種:reネタバレ83話クインクスシャオ喰種

出典:ghoul.tonblo.com

新規クインクス班所属の喰種捜査官。幼少期は台湾に住んでいたのでジーニーシャオという英名がある。

白日庭で英才教育を受けた少女で、伊丙入に次ぐ際立った才能を持っている。特に素手の組み手では右に出るものはいなかったという。
実際、階級は班長である瓜江と同じ一等捜査官であり、白単翼賞を受勲しているなどかなりの実力があるようだ。

先輩である米林のことを「かわいい」と思っていて、よく彼女の耳かきをしている。
また、白日庭の先輩である伊丙入のことを「ハイル姉さま」と呼び慕っていて、彼女の耳もよくかいていたという。

なぜか鼻をすすっている描写が多い。

 

新クインクス班の所属となったシャオ。

今回、Rcゲートのシステムに反応があった人物ということで調べてみたところ、実は、白日庭で教育を受けていた人物だったようですね。「特に素手の組み手では右に出るものはいなかったという」というあたり、今回明らかになった白日庭出身者の特徴を表しているように思えます。

白日庭出身者の詳細情報は今回の83話で明らかになりました。詳しくは下の記事にまとめているので、参考にしてみてください。

【東京喰種:re】83話のネタバレで白日庭出身の捜査官が半人間だということが判明

2016.07.02

スポンサーリンク

シャオの今後は?

クインクス班に所属するシャオも今回の作戦に参加し、流島に上陸しています。

東京喰種:reネタバレ83話クインクスシャオ喰種

出典:jump-netabare.seesaa.net

 

白日庭出身のキャラがどこまでV(和修)とつながっているかはわからない(ハイルはVとつながっているように思えなかった)ので、シャオが流島でどんな行動をとるのかは不明です。

もしかしたら、このタイミングでなにか動きを見せるかもしれないので、シャオの動向には注目しておきましょう。

 

白日庭出身の半人間キャラは他にもいる

シャオも白日庭出身の半人間キャラということがわかりましたが、白日庭出身の半人間キャラはまだ他にもいます。

こちらに白日庭出身キャラの情報がすべてまとまっていたので、どんなキャラがいたか知りたい方はこちらをどうぞ!

 

知られざる有馬の過去が判明!?

004.480x480-75-4

 

スポンサーリンク

関連記事

東京喰種:reネタバレ83話クインクスシャオ喰種

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。