【フェアリーテイル】490話のネタバレで登場したゼーラはフェアリーテイルゼロで既出だったことが判明

フェアリーテイルネタバレ490話ゼーラ

フェアリーテイル490話で、ゼーラというキャラが登場しました。このゼーラというキャラはいったいどのようなキャラなのでしょうか?新キャラのように思えますが、実は「FAIRY TAIL ZERØ」というスピンオフ作品にすでに登場していたキャラなのです。

スポンサーリンク

フェアリーテイル490話のネタバレにゼーラという新キャラが登場

アイリーンの魔法「ユニバースワン」は、大陸全体にエンチャントし、大陸の形を変えるという魔法でした。特定の人物を特定の場所に配置することができる代わりに、他のすべての人間は世界のランダムに配置されます。当然、特定の人物とはゼレフとメイビス。フェアリーテイルの中にゼレフとメイビスが配置され、2人が対峙することとなりました。

フェアリーテイルネタバレ490話ゼーラ

出典:http://jump-netabare.seesaa.net/

 

この2人以外はランダムに配置されました。術者のアイリーンですらランダムに配置され、大魔導演武編の城の中に配置される形となりました。

フェアリーテイルネタバレ490話ゼーラ

出典:http://jump-netabare.seesaa.net/

 

そして、ブラッドマンに道連れにされ死んでしまったと思われたガジルの元にある一人の女キャラが姿を現しました。

フェアリーテイルネタバレ490話ゼーラ

出典:http://jump-netabare.seesaa.net/

 

「私はゼーラ

はじまりの妖精」

 

このように言っており、「ゼーラ」という名前であることがわかりました。

スポンサーリンク

ゼーラは実は「FAIRY TAIL ZERØ」ですでに登場していたことが判明

フェアリーテイルネタバレ490話ゼーラ

出典:twitter.com

ゼーラは実は完全な新キャラというわけではありません。実は、フェアリーテイル創設メンバーのユーリ・ドレアーやメイビスを中心に描かれた「フェアリーテイルゼロ」という作品にすでに登場しています。

 

ゼーラ

ジーセルフの娘。ツインテールにした黒髪(カラーイラストやアニメ版では茶髪)の少女。頭は良いのだが、父に溺愛されて育ったことから他者を見下しており、父やギルドメンバー同様にメイビスにも辛くあたっていた。アニメ版では女生徒達のリーダー格であり、友人達はギルドマスターの娘であるゼーラに逆らえずにいたことも描かれた。X679年に「青い髑髏」の襲撃で父を喪う。自身はメイビスに助けられ、彼女の心の強さを知ったことで自身のこれまでの行いを悔いて改心。メイビスと親友になる。「赤い蜥蜴」が全滅してからは2人で天狼島に暮らしていたが、7年後のX686年にユーリ一行が島を訪れた際、天狼玉が7年前に「青い髑髏」に奪われていたことに気付き、天狼玉を取り戻すことにしたメイビスとユーリ一行と共に旅に出る。7年前に改心したことから他者を見下すことはなくなったが内向的で人見知りにもなり、ユーリ一行には警戒心を抱く。マグノリアでの「青い髑髏」との戦いにおいてゼレフから魔法を学び、父と同じ炎の魔法を使えるようになった。実は7年前の「青い髑髏」襲撃の際既に死亡しており、現在のゼーラはメイビスが類い稀な幻魔法を開花させ、無意識に生み出した幻であった。メイビス本人が幻と気付いていないのでユーリ達にも見えていなかったが、「青い髑髏」との戦いの後にユーリがメイビスに自身が幻であることを告げたことで彼女が意識し体が消え始める。悲しむメイビスに対し「私はメイビスの中に帰る」と言い残し、彼女が全てを受け入れたことで消滅した。なお、ゼーラの最後の声と姿はユーリ達にも認識され、消える直前に彼らにメイビスのことを託した。

 

フェアリーテイルゼロの情報を見ると、どうやらゼーラはメイビスが生み出した幻のようです。

ただ、ガジルは「あ?誰だオマエ・・・」と言っていたことからガジルには見えている様子。これはガジルが死んでしまって現実世界にはいないから見えているということなのでしょうか?

いずれにしてもこのゼーラがこれからどうのように物語に関わってくるのか楽しみなところです。

 

スポンサーリンク

関連記事

フェアリーテイルネタバレ490話ゼーラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


× 3 = 十五

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>