【ハンターハンター】357話でヒソカがマチを殺さない理由はヒソカがマチのことを好きだからという予想が

ハンターハンターヒソカマチ殺さない好き

クロロの大量の爆弾人形にやられ、死亡してしまったかに思えたヒソカでしたが、「死後残る念」としてバンジーガムを発動。バンジーガムで自身の心臓をマッサージするという形で復活するという超展開を見せてくれました。

ハンターハンターヒソカマチ殺さない好き

出典:matomame.jp

 

その後、ヒソカは旅団狩りに向かいましたが、一つの疑問が残ります。それは、「旅団狩りに出たのに、なぜその場にいるマチは殺さなかったのか?」ということ。ヒソカがマチを殺さなかった理由に関して、いくつか予想があったので、それらをこちらにまとめておきます。

スポンサーリンク

旅団狩りに向かうも、なぜかマチは殺さなかったヒソカ

クロロに敗れたヒソカはすべての旅団を狩ることを目的とし、実際にシャルナークとコルトピの2人を殺害しました。

ハンターハンターヒソカマチ殺さない好き

出典:nekokick3.com

ハンターハンターヒソカマチ殺さない好き

出典:battle-one.com

 

ちなみにヒソカの旅団狩りを敢行している理由は、クロロが他の旅団と一緒に戦っていたという「クロロ共闘説」にヒソカが気づいたためだとも噂されています。

【ハンターハンター】VSヒソカでクロロが旅団&長老と共闘していた説が浮上

2016.06.15

 

しかし、旅団狩りに向かったのにも関わらず、同じ場所にいたマチのことはバンジーガムで捕らえるだけで、殺そうとはしませんでした。

ハンターハンターヒソカマチ殺さない好き

出典:http://jumpsokuhou.com/

 

ヒソカがマチを殺さなかったのにはなにか特別な理由があるのでしょうか?その件に関して、様々な予想が挙がっていたので、それらを掲載しておきますね。

スポンサーリンク

ヒソカがマチを殺さなかった理由予想まとめ

 

クロロを先に殺すため

ハンターハンターヒソカマチ殺さない好き

出典:http://jumpsokuhou.com/

以前、ヒソカがマチに対して、「団長を殺したらどうする?」と聞いたところ、「どこまでも追いかけてあたしがアンタを殺す」と言っていました。そのセリフに対して、ヒソカは「それいいね」と今までに見せたことがないほど良い表情をしています。これを本当に実現するために、クロロ→マチという順にしたかったのかもしれませんね。

 

伝言役として残したかったため

ハンターハンターヒソカマチ殺さない好き

出典:http://huntersokuhou.blog.jp/

ヒソカがマチを生かした理由として言っていのたが、「今からどこで誰と遭ってもその場で殺すまで闘るとね」というメッセージを伝えてもらうための伝言役として生かしていました。ヒソカの言葉をストレートに受け取ると、旅団への伝言役としてマチを生かしたということになります。

 

マチが好きだから

一番多かったのが、「ヒソカがマチのことを好きだから」という予想。以前、マチのことを食事に誘ったり、「君の能力を見るためにこんな戦い方をしてる」というようなセリフを口にしていましたが、真相はどうなのでしょう?ヒソカが異性に想いを寄せることはなさそうに見えますが・・。

 

マチは殺すつもりがないため

「玩具は多いほど楽しいじゃない?」というヒソカのセリフの際に、旅団を初め、ヒソカが戦いたいであろうキャラの人形が描かれていましたが、そこにマチらしき人形は描かれていませんでした。もしかしたら、ヒソカはマチとはもともと戦うつもりはなかったのかもしれませんね。

ハンターハンターヒソカマチ殺さない好き

出典:http://onepiece-naruto.com/

 

あなたはどんな理由だと思いますか?

ヒソカがマチを殺さなかった理由、あなたはなんだと思いますか?これ以外の理由があれば、コメント欄に書き込んでいただけると非常に助かります。

 

ヒソカ関連の記事

【ハンターハンター】ヒソカの過去をネタバレ!石田スイが描いた外伝とは!?

2016.06.17

 

スポンサーリンク

関連記事

ハンターハンターヒソカマチ殺さない好き

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


六 − 1 =

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>