進撃の巨人考察【リヴァイの過去の仲間やケニーとの関係を暴く】

進撃の巨人 リヴァイ 過去

漫画ネタバレ考察王管理人の考察王です。

いつも当サイトをご覧いただきありがとうございます。

 

進撃の巨人キャラの中でも特に人気の高いリヴァイ兵長

リヴァイ兵長の人気は相変わらず高く、多くの人(特に腐女・・)が検索しているようですが、リヴァイ兵長の過去、気になりませんか?

今回は、リヴァイ兵長の過去をまとめてきましたのでご覧ください。

スポンサーリンク

リヴァイ兵長の過去

進撃の巨人 リヴァイ 過去
出典:matome.naver.jp

 

リヴァイの生まれは?

リヴァイは、地下街出身の孤児であったことがわかっています。

残念ながら他の詳しい情報に関してはわかっていませんね。

 

リヴァイが調査兵団に入ったきっかけ

リヴァイが調査兵団に入ったきっかけは、スピンオフ作品「悔いなき選択」の第1巻で描かれています。

リヴァイは、生きていくために立体機動装置を使って街から盗みを働いていましたが、エルヴィン団長に捕まってしまう。

窃盗の罪で捕まってしまうエルヴィンでしたが、リヴァイを罪から解放するためにエルヴィンがある条件を突きつけてくる。

それが、「調査兵団への入団」。

当時の仲間のイザベルとファーランを救うため、リヴァイはこの条件に応じ、調査兵団に入団することになりました。

 

リヴァイの仲間、イザベルとファーラン

 

イザベル・マグノリア

進撃の巨人 リヴァイ 過去
出典:xn--u9j4g9dxd292pfbtfskdg9f.com

リヴァイと同じ地下街で暮らしていた、見た目通り男っぽい口調の粗野な女性。

リヴァイを兄貴と慕い、共に行動している。

エレンと同じような考えをもっており、壁外での自由な生活を夢見ている。

そのため、調査兵団に入隊後の壁外調査でも楽しそうな表情を見せていた。

 

ファーラン・チャーチ

進撃の巨人 リヴァイ 過去
出典:prcm.jp

王都の地下街でギャングのリーダーだったが、リヴァイが現れ返り討ちにあう。

それ以降、リヴァイと行動を共にするようになった。

立体機動装置を使いこなすが、訓練の賜物ではなく、自己流だと言い張っている。

スポンサーリンク

リヴァイとエルヴィンの関係は?

処刑されるはずだった仲間を救うためにエルヴィンとの取引に応じましたが、その心中にあった思いは、「リヴァイを抹殺すること」。

しかし、今のリヴァイにはエルヴィンに対する高い信頼がありますよね?

二人の関係はいつ出来上がったのでしょう?

そこも描いてほしいところですね。

 

リヴァイの潔癖性は昔から?

進撃の巨人 リヴァイ 過去
出典:topicks.jp

リヴァイといえば、極度の潔癖性で有名ですよね。

「悔いなき選択」でも、掃除のいき届いていない官舎を掃除するために三角巾を被ったリヴァイの様子が描かれていました。

リヴァイの潔癖性はずっと昔からだったのですね。

 

リヴァイとケニーの関係

リヴァイの育ての親のケニー。

ケニーの妹のクシェルの子供がリヴァイなので、ケニーはリヴァイの叔父にあたります。

今のリヴァイの人間は離れした強さをもつのは、幼少期からケニーが戦い方を教えていたから。

「力さえあればお前の母親みたいな最期を迎えることはないだろう」と、ケニーなりの思いやりが感じられる。

リヴァイが大の大人を負かすような力を着けたとき、ケニーはリヴァイの前から姿を消した。

 

まとめ

いかがでしたか?

リヴァイの強さの秘密は、リヴァイの過去にありました。

お気に入りのキャラの過去を見ていくのはとても面白いですね。

 

ハンジが主役のdTVオリジナルドラマ「反撃の狼煙」が超おすすめ

進撃の巨人,反撃の狼煙,dtv,ドラマ,感想

dTVという動画配信サービスが配信している「反撃の狼煙」という作品をご存知でしょうか?

こちらの作品は、調査兵団の主要キャラであるハンジが主役となって描かれた進撃の巨人のサイドストーリー。

dTV完全オリジナル作品となっているので、進撃の巨人ファンでも知らない人もいるかもしれないですね。

「立体機動装置誕生の秘密」などのこの作品の中でしか明かされていない秘密もあるので、進撃の巨人ファンの方はぜひ一度視聴してみてください。

 

スポンサーリンク

進撃の巨人の考察一覧

関連記事

進撃の巨人 リヴァイ 過去

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


8 × = 三十 二

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>